南禅寺パワースポットIn京都情報!見どころやアクセス方法も紹介

 

南禅寺は桜や紅葉の名所としても有名で京都人も訪れる人気の観光スポットです。

 

そんな南禅寺のパワースポットを紹介したいと思います。

見どころやアクセス方法も合わせてご紹介しますのでぜひご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

南禅寺パワースポットIn京都とは

 


 

南禅寺とは京都市左京区にある、臨済宗南禅寺派大本山の寺院です。

 

1291年、亀山法皇が初代住職に無関普門を迎えて

“禅林寺殿”を寺院にあらためたことがはじまりです。

 

室町時代には、臨済宗の寺院を格付けする「京都五山」「鎌倉五山」の上におかれ

別格の扱いを受ける最も高い格式を持つお寺として栄えてきました。

 

しかし、応仁の乱(1467年~1477年)で創建当時の伽藍は焼失。

現在のほとんどの伽藍は桃山時代に再建されたものです。

 

 

パワースポット南禅寺の由来

 

南禅寺がまだ亀山法皇の離宮“禅林寺殿”だった頃。

 

伝承によると、その頃の禅林寺殿には夜な夜な妖怪が出没をし

法皇やお付きの官人たちを悩ませていたそうです。

 

そこで、無関普門は弟子を引き連れて禅林寺殿に入り

静かに“座禅”をすると妖怪が退散していったといわれています。

 

この“座禅”というのが、実は南禅寺のキーポイントです

 

というのも、南禅寺は風水的に「脱殺穴(だつさつけつ)」と呼ばれる地形の

“気”が集まる穴に位置していて、大文字山から龍脈(気のルート)が

緩やかな傾斜に沿って南禅寺へと流れているのです。

 

こういった地形には、「動きを殺し、身心脱落する」という意味があるので

まさに南禅寺は“座禅”をするのに最適なパワースポットと言えるのです。

 

無関普門が座禅をして妖怪を退散させたのも

もしかするとパワースポットの力があったのかもしれませんね。

 

 

パワースポット南禅寺のご利益

 

南禅寺には物事を成功に導いてくれる気運があふれています。

 

そのため、新規事業をはじめようとする方や

心機一転をはかろうとする方にとってはおすすめのパワースポットです。

 

南禅寺の園庭や茶室の不識庵・窮心亭あたりが強いパワースポットになりますので

ぜひ“座禅”をして、そのエネルギーを全身で感じてみてください。

 

 

また、南禅寺では定期的に一般の方対象の座禅会も行われています。

南禅寺のホームページなどで確認をされてから体験してみるのもおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

南禅寺の見どころについて

 

三門からの絶景

荘厳な構えをした高さ22mの三門は、

知恩院三門・東本願寺御影堂門ともに京都三大門のひとつです。

 

藤堂高虎が大阪夏の陣で戦死した武士たちの冥福を祈るために寄進をしたものです。

 

南禅寺の山門といえば

石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな・・・」で有名です。

 

これは、歌舞伎「楼門五三桐(さんもん ごさんのきり)」の中で

天下を狙う大盗賊石川五右衛門の名セリフとして登場をするからです。

 

現在も三門にのぼることができますので、ぜひ天気のいい日には

三門の楼上から京都の街並みを一望してみてください。

 

まさに絶景に出会えることでしょう。

 

大方丈と小方丈

国宝の「大方丈」と桃山時代の小書院を移した「小方丈」で構成された建物は

一つにつながっており、中には130面を越える狩野派の襖絵が飾られています。

 

とくに、小方丈の「虎の間」では

狩野探幽作と伝わる「水呑みの虎図」は躍動感あふれる傑作です。

 

また、境内の一番奥に建つ大方丈は優雅な寝殿造りとなっており

桃山時代の建築技術のすばらしさを知ることができます。

 

方丈庭園「虎の子渡し」

大方丈前の庭園は水を使わずに石や砂などにより、山水の風景をあらわした

枯山水形式の代表作で江戸初期に活躍をした小堀遠州作と伝えられています。

 

砂に石が6つ。

 

その石を親と子の虎に見立て、虎の親子が川を渡っていく様子を

あらわしていることから「虎の子渡し」と呼ばれています。

 

パワースポットでもある庭園で座禅をし、そのエネルギーを感じてみてください。

 

レンガ造りの水路閣(すいろかく)

南禅寺の境内に美しいアーチを描くレンガ造りの橋があります。

これは、琵琶湖の水を京都市内へ運ぶための橋です。

 

古代ローマの水道橋をお手本にして、明治21年に作られました。

現在でも、琵琶湖の水を運ぶ水路として活躍しています。

 

また、ここは映画やドラマの撮影でもよく使われるなど

京都の代表的な風景のひとつとなっています。

 

 

南禅寺パワースポットへのアクセス方法

 

車でのアクセス方法

東京方面からのアクセスは 首都高速道路

東名高速道路から名神高速道路の高速京都東ICを出て約16分

 

関西方面からのアクセスは山陽自動車道

中国自動車道から名神高速道路の高速京都南ICを出て約25分

 

 

※第一・第二駐車場あります

普通車2時間以内1000円 / 2時間以上1時間ごと500円増しです。

 

 

電車でのアクセス方法

地下鉄東西線「蹴上駅」下車 徒歩10分

「ねじりまんぽ」と呼ばれるトンネルを抜けると境内への近道です。

 

バスでのアクセス方法

東天王町下車または南禅寺・永観堂道下車、徒歩10分

 

地図情報



 

 

南禅寺パワースポットのおすすめ周辺スポット

 

南禅寺へ行く際に合わせて行きたいおすすめ周辺スポットについてのご紹介です。

 

豆腐料理 順正

京都の湯豆腐と言えば、南禅寺です。

 

南禅寺門前には、たくさんの湯豆腐屋が並んでいますが

ここ「順正」は湯豆腐の名店として知られています。

※豆腐は寺院の精進料理として使われてきたことから、お寺と深く関わりのある食べ物です

 

また、歴史を感じさせる佇まいで「登録有形文化財」にも指定をされています。

 

食べログの口コミはこちらから見れます

http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26001013/dtlrvwlst/

 

 

 

南禅寺のパワースポットで座禅をし、心を整えることで新しい道が開けるかもしれません。

行き詰まりを感じる方はここでパワーをもらってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

また、京都には他にも様々なパワースポットが多く点在しています。

自分にあったパワースポットが必ず見つかりますよ(^^♪

 

こちらの記事では京都にあるパワースポットを沢山紹介しています

京都パワースポットのおすすめ10選!京都ランキング編(さらに追加中)

スポンサーリンク


みんなの評価 
う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (2 投票, 評価平均値: 5.00
)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっと」お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ