今宮神社パワースポットIn京都。名物あぶり餅のある街で玉の輿のご利益?アクセス方法も紹介

 

京都の“玉の輿神社”こと今宮神社(いまみやじんじゃ)は開運・良縁のご利益がある注目のパワースポットです。

 

 

また、門前で売られている名物“あぶり餅”は全国からその味を求めて観光客が訪れるほどの人気です。

今回は、今宮神社のパワースポット情報やアクセス方法などご紹介しますのでぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

今宮神社パワースポットIn京都

2013119214133
 

今宮神社とは、京都市北区紫野にある神社で、朱塗りの鮮やかな楼門が目印です。

すぐ近くには大徳寺もあり、古都の空気が漂う一帯となっています。

 

かつて、この地には平安遷都以前から疫神を祀る社があったのですが

平安時代後期に入ると、町中に疫病や災害が流行。

 

それを鎮めるために新たな社が創始され「今宮神社」と名がつき

無病息災や健康長寿の神として、朝廷や民衆、武家からも厚く崇拝されてきました。

 

その時はじまったのが有名な「やすらい祭」です。

 

これは、平安当時“桜の散り始めるころに疫病が流行”していたため

陰暦3月に疫病退散を願い行われてきた祭りです。

 

現在は、4月の第2日曜日に行われます。

 

今では“鞍馬寺の鞍馬の火祭”“広隆寺の太秦の牛祭”とともに

京都三大奇祭のひとつとして、今宮神社の大きなお祭りとなっています。

 

「やすらい祭」では“桜や椿などで飾られた花傘に入ると

一年間健やかに過ごせる”という言い伝えもあるんですよ。

 

 

そして、そんな今宮神社は

別名「玉の輿神社」という名前でも知られています。

 

なぜそのような名前で呼ばれるのか

「玉の輿神社」と呼ばれる由来とそのご利益などご紹介します

 

今宮神社 “玉の輿”の由来と運を開く“お守り”

玉の輿に乗る”とは下記の意味で使われています。

「女性が高い身分の人や多くの財産を所有する人の妻になる。」

 

その「玉の輿」の由来がなんと

5代将軍徳川綱吉の生母である桂昌院にあるんです

 

このお方は西陣の八百屋の娘「お玉」として生まれましたが

ツテで江戸城大奥へ勤めに行くことになりました。

 

そしてそこで、3代将軍家光に見初められ、側室となり男子を産みます。

 

やがて、その息子が将軍になってからは

将軍の生母「桂昌院」として絶大な力を持つようになったのです。

 

 

八百屋の娘からこのような高いくらいまでのぼりつめる

ストーリーは、まさに日本版シンデレラと言ったところでしょうか。

 

桂昌院となってからも故郷西陣への想いは篤く

応仁の乱で荒廃していた今宮神社(西陣の氏神)の復興に努めたそうです。

 

その縁から今宮神社は、玉の輿にご利益がある神社となったのです。

 

 

また、今宮神社にある「玉の輿守」のご利益は良縁・開運です。

 

「お玉」が八百屋の娘であったからか

お守りの図柄は加茂茄子・聖護院大根・金時人参の

“京野菜”となっていて、とても温かみのあるお守りになっています。

B6CCA4CECDC1A4AABCE9A4EA

出典http://aiai3.seesaa.net/article/100225362.html

 

 

そんな今宮神社の雰囲気はこちらの動画でご確認いただけます



 

 

パワースポット 阿呆賢さん

P1030553-500x375

 

境内には「阿呆賢さん」と変わった名前で呼ばれる石があります。

(別名「神占石」とも言われています)

 

この石、とっても不思議な力を持っているんです。

 

 

まず、この石を手の平で三度たたいて持ち上げます。



次に願い事を心の中で唱えながら

三度手の平で「なでて」再び持ち上げてみてください。


その時、最初に持ち上げた時よりも

軽く感じれば願いごとは叶うと言われています。

(2回目の方が軽い)

 

 

また、病弱な人が健康に成るように祈りながらこの石をなで

そのなでた手で体の悪い所をさすれば、健康回復が早まると言われるご利益もあります。

 

 

 
スポンサーリンク

あぶり餅で厄除け

今宮神社東門前には、あぶり餅を売る老舗が2軒向かい合っています。

今宮神社から見て左側が「かざりや」で右側が「一和」です。

 

一和が創業1000年、かざりやは600年。

 

この600年の間、この2軒は喧嘩し合っているという話もあるんだとか。

 

あぶり餅とは、きな粉をまぶした親指大の餅を竹串に刺し

焦げがつくほど炭火であぶり白みそのタレをぬった餅菓子のことです。

 

これを食べることで、病気・厄除けのご利益があると言われています。

 

 

ちなみに、この2軒どちらのあぶり餅も見た目はそっくり。

営業時間や定休日なども一緒なのです。

 

どちらのあぶり餅が好みに合うのか、食べ比べをしてみるのもおもしろそうですね。

パワースポット今宮神社へのアクセス方法

 

車でのアクセス方法

東京方面からのアクセスは首都高速道路

東名高速道路から名神高速道路の高速京都東ICを出て約40分。

 

関西方面からのアクセスは山陽自動車道

中国自動車道から名神高速道路の高速京都南ICを出て約35分。

 

バスでのアクセス方法

阪急四条大宮駅・地下鉄二条駅から市バス46系統「今宮神社前」下車すぐ

 

京都駅 市バス206系統「大徳寺前」下車

大徳寺境内を北へ 5分少々

 

地図情報



 

 

今宮神社パワースポットのおすすめ周辺スポット

 

今宮神社に行く際に合わせて行きたいおすすめ周辺スポットについてのご紹介です。

 

大徳寺

臨済宗大徳寺派の大本山です。

 

創建は鎌倉時代末期。室町時代の応仁の乱で荒れ果ててしまったところ

“とんちの一休さん”で知られる一休和尚が復興させたことで有名です。

 

 

安土桃山時代には、豊臣秀吉が織田信長の葬儀を営み

信長の菩提を弔うために総見院が建てられました。

 

その後、戦国武将たちによって広い敷地内につぎつぎと塔頭が建てられていきます。

 

 

また、この時代茶人として有名だった千利休が

自らの像を三門の2階部分に安置したことで

豊臣秀吉の怒りを買い、切腹を命じられた原因の門もあります。

 

 

歴史好きには必見の大徳寺。

時間をかけてゆっくりと見てまわりたいスポットです。

 

まとめ

今宮神社の「玉の輿」に興味のある方は、一度は訪れておきたい神社ですね。

 

今宮神社へ参拝されたあとは、厄除けにおいしいあぶり餅を食べ

ほっこりとくつろいでみるのはいかがでしょうか(^^♪

 

 

また、京都には他にも様々なパワースポットが多く点在しています。

自分にあったパワースポットが必ず見つかりますよ(^^♪

 

こちらの記事では京都にあるパワースポットを沢山紹介しています

京都パワースポットのおすすめ10選!京都ランキング編(さらに追加中)

スポンサーリンク


みんなの評価 
う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (1 投票, 評価平均値: 5.00
)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっと」お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ