パワースポットとは何か?様々な個性や定義がある?

 

ここ数年、すっかりブームとなっている「パワースポット」。

 

最初はちょっとオカルト風に捉えられていましたが、最近ではすっかり市民権を獲得した言葉ですよね。

 

でも、「なんとなくパワーを授けてくれそうな場所」というイメージはあっても

具体的にどんな場所のことを指すのか何がパワースポットの条件なのか

実はよく知らない…という人、結構多いのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は、パワースポットの定義について調べてみました。

 

 

何がその場所をパワースポットたらしめているのか

どんな場所がパワースポットになるのか等々まとめてみましたので

今年はパワースポットへ行ってみようと思っている人は参考にしてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

パワースポットとは何か?

Fotolia_61692196_XS

 

 

古来より人は太陽、月、星など自然界に力があると信じ生活の中に取り入れながら生活をしてきました。

 

壮大な自然が持つ“気”を感じる場所で祈りを捧げたり

自分自身の存在をゆだねることで疲れを癒し

体全体にパワーを取り込むなど信仰の始まりとも言われています。

 

近年になり「パワースポット」と表現されるようになり、私たちにとって

より身近で特別なパワーを感じられる場所であり心のよりどころ”となったのではないでしょうか?

 

 

育った家の近所にあり夏祭りや盆踊り、初詣など

普段から訪れていた神社・仏閣や遠く離れた有名なスポットなど数多くあるパワースポット。

 

日本では富士山をはじめ、屋久島、秋芳洞や琵琶湖

また熊野三山(熊野本大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)伊勢神宮や厳島神社

鞍馬寺、出雲大社など数多くあり、悠久な自然が織りなす景色や本来信仰の場や

修行の場所だったところが“パワースポット”として注目を浴びるようになりました。

 

また、一般の方が立ち入りにくかった宗教関係の建物や敷地も

気軽に入れるよう開放してくださっている神社仏閣が

あることも身近になった要因のひとつと思われます。

 

また、日本のみならず世界中にパワースポット数多くあることから

人々がいかに心のよりどころとしているかがよく分かります。

 

そういった事もありパワースポットは旅行やお出かけの楽しみの1つにもなり

旅先で必ず一か所は訪れるという方も多いのではないでしょうか。

 

先程も紹介しましたように、日本にもパワースポットは数多くあり芸能人や音楽関係者

財界人など様々な舞台で活躍する方も多く訪れることが雑誌やテレビで紹介され

一般の方も“そのパワーにあやかりたい、パワーを授かりたい”と訪れています。

 

実際、パワースポットに行って体調が回復した、元気になった、結婚が決まった

子どもを授かった、昇進した、出世したなど願いが叶ったとの話も多く

より人々が足を運ぶきっかけになっています。

 

パワースポットごとに恋愛や勉学、経済的な問題や

人間関係の悩みなど、どんな願いが叶うのか調べて行くのも良いかもしれません。

 

 

まず、パワースポットとはどの様な場所を指すのでしょうか?

 

実はパワースポットという言葉が生まれる前から

日本にはパワースポットの概念は存在していました。

 

江戸時代では「弥盛成地(いやしろち)」という名で重んじられていたそうです。

 

具体的には、草木が元気に育ち、エネルギーを感じられる場所

神聖な気の漂っている場所・神仏が宿っている場所を指していました。

 

 

ちなみに、逆に草木が元気に育たない場所・気味の悪い場所

空気がどんよりしている場所のことは「気枯地(けがれち)」と呼ばれていたそうです。

 

いかにも気が滅入りそうなネーミングですよね。

 

 

そして、1990年代に入り、パワースポットという名前が登場します。

 

生みの親は日本の超能力者・清田益章氏で

1990年代に執筆された著書の中で使われたのが最初だと言われています。

 

清田氏曰く、パワースポットの定義は「大地のエネルギーを取り入れる場所」なのだそう。

「草木が元気に育つ場所」という江戸時代からの定義とも一致していますね。

 

 

またパワースポットと聞くと、屋久島や富士山

エアーズロックなどの大自然をイメージする人もいるかと思いますが

これらの場所は「大地のパワー」という言葉のイメージにもピッタリです。

 

 

あと例えば神社や仏閣などをパワースポットとして捉えていた人もいるでしょう。

 

ここで「寺社はパワースポットじゃないの?」と思った人

いいえ、これもれっきとしたパワースポットなのです。

 

実はパワースポットには種類があり

それぞれ特徴が異なるので、次の章で説明していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 パワースポットに種類はあるのか?

 

実は、パワースポットには大きく分けて以下の6つの種類があります。

 
1. 森林や滝など、大自然に囲まれているところ
例:屋久島、沖縄離島2. 温泉、湧き水、火山など、地中の物質が湧き出ているところ例:地獄谷、キラウェア火山

3. 電磁場のあるところ
例:分杭峠

4. 龍穴という、大地の気が吹き上がる場所(+その上に建つ建物)
例:伊勢神宮、日光東照宮

5. 霊山(山岳信仰)
例:富士山、白山

6. 神社・仏閣
 

一口にパワースポットと言っても、こんなに種類があったなんて驚きですよね。

 

パワースポットの定義が曖昧で分かりにくいのは

この様に色々な性質の場所がどれもこれも

「パワースポット」という一つの名称で一括りにされている為かもしれません。

 

しかし、これら6つの種類はそれぞれが全くの別物、という訳ではなく

複数の種類の混合でパワースポットになっていることも多いのです。

 

例えば、伊勢神宮は龍穴というよりも

むしろ神社という認識の方が強かったのではないでしょうか?

 

これは、日本で龍穴のある場所には、ほとんど神社や仏閣が建てられているためです。

昔の人は、「パワーを宿している土地」の目印として、神社や仏閣を建てていたのですね。

 

また、龍穴の上に建っていなくとも、その土地にまつわる神様を祀る神社などもあり

その神様のパワーを授かることの出来るパワースポットとして認識されています。

 

それを踏まえて改めてパワースポットの種類を見てみると、やはりどれも

大地のパワー」を受けている場所であることに気付くのではないでしょうか。

 

大きな神社やお寺では、大きなご神木が鎮座していることも多いですが

これは偶然ではなく、大地のパワーを受けて育った木だからこそ、なのです。

 

 

パワースポットの効果に種類はあるのか?

 

パワースポットにはいくつか種類があることは

先ほどの章で述べましたが、効果もその場所によって変わるのでしょうか。

 

結論から言えば、どのパワースポットでも共通して言える効果は

その土地にまつわるパワーを受け取ること」です。

 

その場所の性質によって、例えば「気持ちが生き生きする」、「元気が出る」

「インスピレーションが湧く」「精神が落ち着く」といったちがいが見られます。

 

あるいは神社や仏閣の場合はその寺社のご利益なども

パワースポットの効果として考えて良いでしょう。

 

ですから、パワースポットと呼ばれているからと言って

むやみに足を運ぶのではなく、今の自分は一体どんなパワーを

必要としているのかを考えた上で、行き先を決めるのがおすすめです。

 

 

パワースポットへ行くときに気を付けることは?

 

パワースポットとは「その土地のエネルギーの恩恵を受ける為に行く場所」です。

 

その恩恵を最大限に受ける為に大切なのは、心を落ち着けて、雑念を払うこと。

あまりネガティブなことは考えず心を空っぽにしていると、良いパワーが入ってきやすい様です。

 

 

 

そしてパワースポットでパワーを授かることが

最も重要の様に思いがちですが、忘れてはいけないのがマナー。

 

大自然からエネルギーを頂けるパワ―スポットは昔からの豊かな自然が

守られているところでもあり、木の枝を折ったり花を摘んだりと自然を壊したり

ゴミを捨てていくなど自然を汚すような行為は決してしてはいけません。

 

また、神社・仏閣のパワースポットに訪れる際には礼拝の順序や方法、宗教上の礼儀作法

写真撮影の可・不可なども確認し決して失礼のないように気を付けたいもの。

 

願いを叶えたり、悩みや問題を解決へと導いていただける

様々なパワーを授かるために訪れるのですから

しっかりと事前に勉強しより強力なパワーを頂けるよう心がけましょう。

 

 

その場所に対する最大限の敬意を示してこそ、相手も応えてくれるというものです。

 

なので、こういったルールを守ってパワースポッㇳへ行くようにしましょうね。

 

 

 

それでは以上ですが、いかがでしたか?

 

観光地の様な感覚でパワースポットめぐりを

する人も増えましたが実はこんな意味が込められていたのです。

 

エネルギーを分けてもらうありがたみを感じながら謙虚な気持ちで足を運びたいですね。

スポンサーリンク


みんなの評価 
う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (3 投票, 評価平均値: 3.33
)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっと」お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ