勝鬘院パワースポットIn大阪府情報!ご利益やアクセス方法等も合わせて紹介

 

勝鬘院パワースポットIn大阪府の情報と

ご利益やアクセス方法等も合わせて紹介している記事です

 

 

大阪にある勝鬘院(しょうまんいん)は、本尊に“愛染明王”が

祀られていることから縁結びのお寺として有名です。

 

今回は、勝鬘院の由来やパワースポット情報などをご紹介しますのでぜひご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

勝鬘院パワースポットIn大阪の勝鬘院(しょうまんいん)とは

1
 

大阪市天王寺区にある勝鬘院は天王寺七坂の1つである“愛染坂”を登ったところにあるお寺です。

 

 

“愛染”と言えば、毎年6月30日~7月2日に行われ大阪三大夏祭りの1つ“愛染まつり”が有名ですね。

 

ここ勝鬘院では、お祭りの間秘仏の開帳が行われ浴衣姿の愛染娘たちをのせた

宝恵駕籠(ほえかご)のパレードがにぎやかに町を練り歩きます。

 

 

勝鬘院の歴史は古く、聖徳太子が593年に

四天王寺内に創設した病気や怪我で苦しむ人のための

庶民救済施設“施薬院(せやくいん)”として建立したものがはじまりです。

 

 

ちなみに施薬院というのは仏教の教えによって設けられたもので

薬草を栽培して人々の病に応じてそれを与えるなど今で言う福祉施設のようなものでした。

 

本尊は、良縁成就・夫婦和合にご利益のある“愛染明王(あいぜんみょうおう)”が

祀られていることから勝鬘院は「愛染堂(あいぜんどう)」

または親しみを込めて「愛染さん」とも呼ばれていますよ。

 

この「愛染」という言葉から、染物屋・アパレル関係者からの信仰も篤いそうです。

 

 

そして、朱塗りの金堂の裏手への方へ進んでいただくと

そこには593年に聖徳太子によって創立されたと言われる“多宝堂(たほうどう)”があります。

 

この建物は、大阪市で最も古い木造建築物として

重要文化財にも指定されており歴史の重みを感じることができるすばらしいものです。

 

 

その長い歴史の中では、織田信長が大阪石山寺を攻めた際に多宝堂は

焼失してしまったそうなんですが、1597年豊臣秀吉によって再建されたと言われています。

 

 

そんな多宝堂のみどころの1つとし屋根の下に“十二支”の彫刻が彫られていますのでご覧ください。

 

 

また、境内には豊臣秀吉のゆかりと言われる出世白竜明神と願成稲荷明神もあります。

 

 

 

次に、勝鬘院のパワースポット情報を紹介します。

 

勝鬘院の境内には、いくつかのパワースポットがありますのでそれぞれご紹介していきます。

 

 

勝鬘院パワースポットIn大阪情報

 

愛染かつらの木

勝鬘院の境内には、“愛染かつらの木”と呼ばれる

樹齢数百年の巨大な桂の木があります。

 

この木の姿をみてみると

巨大な桂の木にノウゼンカズラのツルが巻きついて

桂とカズラが一体になっているのがわかります。

 

まるで仲の良い男女が寄り添っているかのような姿に

男女の縁を結ぶ“縁結びの霊木”として親しまれています。

 

 

そして、この霊木の前で語り合った男女は

“何があっても幸せな結末が訪れる”という素敵な伝説も残っているんですよ。

 

また、“愛染まつり”の頃になると木の幹に絡みついた

カズラの葉っぱがいっせいに生い茂り

オレンジの可愛い花が艶めかしく咲き誇る

ロマンチックな光景に出会うことができますよ。

 

 

スポンサーリンク

愛染の霊水

境内には絶えず流れ出る“愛染めの霊水”があります。

 

これがなんと、その水を飲むと愛嬌を授かると

言われている不思議な霊水なんです。

 

そのご利益を求めて、芸能人も訪れているなんてお話も。

 

さらに、この水は、愛嬌だけでなく開運、夫婦円満、

良縁成就、安産、出世、商売繁盛と、すべてにおいて

運気がアップするというパワーあふれるすごい霊水なんです。

 

 

腰痛封じの石

手相芸人で有名な島田秀平さんがテレビで紹介をしたことで

密かなパワースポットとして人気を集めるのが“腰痛封じの石”と呼ばれる石です。

 

やり方はまず背筋を伸ばし、お尻を引いてこの石に深く座ります。

 

次に背もたれの石の突起を背骨のツボに当て

息を吐き出すごとに背骨のツボを押し当てるのです。

 

これを10回行うことで、腰痛封じの効果があると言われています。

 

最近では、パワースポットの取材で芸能人もよく訪れるそうです。

有名な福山雅治さんも、この石に座り、ご自身の会員誌にその写真を掲載されたそうですよ。

 

腰痛封じの効果だけでなく、ミーハーな気持ちでこの石に腰かけてみたくなりそうですね。

 

 

パワースポット勝鬘院へのアクセス方法

 

勝鬘院への車と電車・バスそれぞれのアクセスの仕方はこちらです。

 

車でのアクセス方法

阪神高速1号環状線「夕陽丘IC」から 430m

阪神高速1号環状線「えびす町IC」から 690m

阪神高速1号環状線「高津IC」から 1km

 

※駐車場8台/無料

 

ただし、期間によっては駐車場が

ご利用できない場合もありますのでご注意ください。

 

電車でのアクセス方法

大阪市営谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」下車 5番出口 徒歩3分

阪堺電気軌道阪堺線「恵美須町駅」下車 徒歩8分

南海電気鉄道「今宮戎駅」下車 徒歩13分

 

バスでのアクセス方法

赤バス※天王寺ループ「四天王寺前夕陽ケ丘バス停」下車 徒歩2分

62号「天王寺警察署前バス停」下車 徒歩2分

赤バス※天王寺ループ「下寺町二丁目バス停」下車 徒歩2分

 

地図情報


勝鬘院おすすめ周辺スポット

 

勝鬘院に行く際に合わせて行きたいおすすめの周辺スポットについてのご紹介です。

 

大江神社(おおえじんじゃ)

勝鬘院すぐ近くに鎮座する大江神社は

聖徳太子によって建立された四天王寺七宮のうちの1つです。

 

毘沙門天を祀っていたことから“毘沙門堂”とも呼ばれています。

 

ここ、じつは阪神タイガースファンにはたまらないスポットなんだそうです。

と言うのも、大江神社には狛犬ならぬ“狛虎”がいるからです。

 

この狛虎の由来は確かではないものの

虎は毘沙門天を護るために置かれていると

されており、300年以上前の作のようなんです。

 

狛虎付近には、阪神タイガースの優勝を祈願する張り紙や木札が。

また、ファンより、メガホンや虎のぬいぐるみなどが供えられていることもあるんだとか。

 

とても由緒ある神社ではありますが

その光景がなんとも大阪らしさを感じさせるスポットですね!

 

 

まとめ

女性的な滑らかさで巨木に絡みつく姿が美しい“愛染かつら”。

そして、愛嬌たっぷりの女性へ導いてくれる“愛染の霊水”。

 

ここへ訪れることで女性の魅力がさらにアップし

よい縁に恵まれそうなパワースポットですね。

 

 

スポンサーリンク


みんなの評価 
う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっと」お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ