東寺パワースポットIn京都見所や駐車場情報!(教王護国寺)

 

コチラの記事では 東寺パワースポットIn京都

(教王護国寺)についての情報をまとめてあります。

 

 

パワースポットだけでなく東寺の見どころをも合わせてご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

東寺パワースポットIn京都の見どころ情報!(教王護国寺)

2576017
 

東寺は京都府京都市南区九条町にある仏教寺院で

真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山です。

 

別名「教王護国寺(きょうおうごこくじ)」とも呼ばれ、ご本尊は薬師如来です。

 

延暦13年(794年)桓武天皇が平安京に遷都した際に

正門(羅城門)の東に東寺、西に西寺を建造されたとされ

東寺は建造された当時と同じ場所に建てられています(西寺は現存しない)。

 

金堂は弘仁14年(823年)、嵯峨天皇から仏教

密教を学んで帰国した弘法大師空海に託され

その後、東寺が本格的に活動を始めたとされています。

 

東寺は平安遷都とともに建立された国立の寺院であり、また、日本で初めての密教寺院でもあります。

創建からおよそ1200年の歴史があり平成6年(1994年)に世界遺産として登録されました。

 

正式名称は「教王護国寺」ですが「東寺」として一般的に知られています。

 

東寺はパワースポット!(教王護国寺)

 

東寺は隠れパワースポットでもあります。

 

国宝・御影堂は境内の北西の一角にあり

弘法大師空海が生活をし、東寺建造の指揮を執られたとされています。

 

そのため境内にありながら居住風の建物である印象を受けます。

 

現在の建物は康暦元年(1379年)、焼失した後に再建されたものです。

 

主体部を中心に、北側に前堂、南側に後堂があり

複雑な構造が訪れた方の興味がひかれるスポットです。

 

御影堂には後堂に不動明王坐像

前堂に弘法大師坐像と2体の国宝の仏像が安置されています。

 

不動明王坐像は空海の念持仏とされ、ほとんど開扉されたことのない秘仏です。

 

もう1体の弘法大師坐像は天福元年(1233年)康勝(運慶の子息)によって制作され

弘法大師の月命日である21日と、毎朝6時に執り行われる「生身供」で御開帳されます。

 

誰でも参加可能なので、京都に訪れた際には

是非早起きをして御影堂を訪れてはいかがでしょう。

 

1200年の歴史と2体の国宝からパワーを授かる事間違いなしです!

 


スポンサーリンク

御影堂の尊勝陀羅尼の碑

 

また、御影堂の南側に建つ亀の形をした

尊勝陀羅尼の碑(そんしょうだらにのひ)」は嘉永6年(1853年)

天台宗比叡山の僧侶・願海によって北野天満宮宋像社のそばに

建てられたものを明治の神仏分離令によって現在地に移されたものです。

 

亀の頭や手足を撫でながら石碑の周りをまわり

自身の患っているところを撫でると回復に向かうとされ

万病に効くパワースポットとして知られています。

 

さらに隣には、この地に古くからあったとされる「天降石」があり

尊勝陀羅尼の碑と同じように、石を撫でた手で患っている部分を撫でると

治るとの言い伝えがあり、江戸時代には「護法石」、「不動石」と呼ばれていました。

 

 

東寺には五菩薩像、五大明王像、梵天坐像・帝釈天半跏像

四天王立像など8体の国宝仏や、国宝、重要文化財級の建造物などが多くあり

日本の歴史と文化を学びながら、歴史が醸し出すパワーに圧倒させること間違いありません!

 

是非東寺に訪れ、ゆったりとした雰囲気の中でデジタルと

時間に追われる現代の生活を忘れてみてはいかがでしょう。

 

次の一歩を踏み出す活力を授かる事ができるはずです。

 

 

東寺はパワースポットへのアクセスや場所、駐車場情報

 

東寺へ駅からも近く徒歩で10分程で到着できます。


 

駐車場は完備されていますが有料です。

 

自家用車やタクシーは駐車場料金が2時間で600円です。

2時間以降は1時間ごとに300円程かかります。

 

バイクは2時間で200円で2時間以降は1時間100円となってます。

 

スポンサーリンク


みんなの評価 
う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (1 投票, 評価平均値: 5.00
)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっと」お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ