新潟屈指の弥彦神社パワースポットのご利益情報とアクセス、駐車場のまとめ

 

弥彦(やひこ)神社は、新潟県西蒲原郡弥彦村に

鎮座する全国的にも有名な新潟県屈指のパワースポットです。

 

正式には「彌彦(いやひこ)神社」なのですが、

地名などが全て「やひこ」と読む関係で、一般的に「やひこ神社」と呼ばれています。

 

また、地元の人々からは古くから「おやひこさま」の呼び名で親しまれています。

 

その創建年代は不明ですが、

万葉集にも歌われるほどの古い歴史を持つ神社で、

越後国(新潟県の旧国名)における一の宮とされています。

(一の宮とは、その地域における最も社格の高いとされる神社のことです。)

 

 

スポンサーリンク

弥彦神社パワースポット

弥彦神社
 

 

弥彦神社は、広大な越後平野の中央にそびえたつ 弥彦山の麓にあります。

 

 

その弥彦山も、山全体がパワースポットとして知られていまして、

ご神体を弥彦山とする弥彦神社には山からのエネルギーが絶え間なく流れてきているそうです。

 

山と神社が一体となってエネルギーを蓄えていますので、

神社の境内そのものが強力なパワースポットとなっているようですね。

 

境内は樹木に覆われていて、どこか厳かなパワーを感じさせてくれます。

 

 

弥彦神社で祀られている主祭神は、

越後国の開拓の祖神である天香山命で、この神様は「万能の神様」だと言われています。

 

 

また、天照大神(アマテラス オオミカミ)の孫でもあるというこの神様は、

新潟の人々に稲作や漁の技術を教え、越後国をつくったと伝えられていまして、

産業・農業・漁業の神として地元民を中心として古くから信仰されてきました。

 

 

弥彦神社では特に、仕事運向上のご利益を強く授かると言われていますので、

仕事や人間関係で悩んでいるときにはぜひおすすめの神社です。

 

 

その参拝方法は独特で、通常は「2礼、2拍手、1礼」での参拝が

一般的なのですが、「2礼、4拍手、1礼」が弥彦流だとされています。

 

 

めずらしいですよね。

 

 

また、弥彦神社では、

拝殿へ行く前に摂社、末社へ参拝することで

よりパワーを強く授かることが出来るそうですので

まずは摂社、末社の方から参拝するのをおすすめします♪

 

境内での参拝はすべて「2礼、4拍手、1礼」の弥彦流で行い、しっかりパワーを授かりましょう。

 

 

では、そんな神聖なパワーの満ちている弥彦神社境内の中で

特に強くパワーを授かるというスポットをご紹介していきたいと思います。

 

 

まずは「一の鳥居」で必ず一礼しましょう!

弥彦神社

出典:http://happyvoice.exblog.jp/

 

「一の鳥居」は、弥彦神社の入り口に立つ鳥居です。高さ約8.4mというとてつもなく大きな鳥居です。

 

この鳥居が少し変わっていまして、よく見ると柱が地上から6cmほど浮いているのですが

これは、雪や雨によってこの柱が腐らないために、このような形で造られているそうです。

 

 

なぜそこまで大事にされているのかと言いますと、こんな話があります。

 

昔、津軽藩主が船旅をしていて海で大嵐に見舞われたときに、弥彦の神様に向かって

「助かったらこの船の帆柱を鳥居として奉納します!」と願うと嵐がぴたりとやんだそうです。

 

ところが、助かった藩主は鳥居の奉納をすっかり忘れてしまいました。

 

すると、夜な夜な不気味な火の玉が飛んできたそうで

そこであわてて帆柱を鳥居にして奉納すると、その火の玉が現れなくなったんだとか。

 

 

そのことから、柱がずっと腐らないようにと、このように大事にされているのだそうです。

 

 

このように強力なパワーを発している鳥居ですから、パワーを授かりたいのでしたら、

弥彦神社では特に「一の鳥居」の前では、まず一礼してから境内に入りましょう。

 

 

ちなみに、津軽藩主が火の玉の方をよくよく調べてみますと、

火の玉が実は人の頭ほどの石であることがわかり、

霊石であるこの「火の玉石」もこのときに弥彦神社へ奉納されました。

 

 

この「火の玉石」が現在、弥彦神社のパワースポットとなっていますので、続けてご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク

「火の玉石」を持ち上げて願いを叶えよう!

弥彦神社 火の玉石

出典:http://www.pyu2hrhr.net/

 

 

一の鳥居を過ぎ、参道を渡っていくと、

手水舎と礼所の場所から少し奥に、

先ほどご紹介した「火の玉石」という2つの石があります。

 

この火の玉石は、かなり重いのですが、

願いを思い浮かべながら石を持ち上げることができたら、

その願いが実現に向かうパワーを授かると言われています。

 

 

また、持ち上げたときに、軽く感じれば願いは

「成就」となりますが、重ければ、叶うのが「むずかしい」とされています。

 

 

石を持ち上げやすくするコツは、足を肩幅分までしっかり開き、

腰を低くして、石を垂直に下から上へ持ち上げることだそうです!

 

しっかり持ち上げて夢実現へのパワーを授かりましょうね。

 

 

もし、持ちあげられなくても、

写真を携帯などの待ち受け画面にすると、

石のパワーが、願いを叶える手助けをしてくれるそうですよ♪

 

 

では、次にご紹介するのは、

火の玉石とはまた趣向の違う、

「眺めるだけで」パワーを授かることができるというスポットです。

 

 

「玉の橋」から神様のパワーを感じ取ってみよう!

玉の橋

出典:http://www.imm-step.com/

 

緑豊かな境内では、一の鳥居をくぐるとすぐに御手洗川(みたらいがわ)という川が流れています。

ここで石の橋を渡るのですが、左手に「玉の橋」と呼ばれる、赤く半円形をした小さな橋が見えてきます。

 

なんとも神秘的なこの橋ですが、実は「神様が渡るための橋」なのだそうです。

 

ですので、もちろん人は直接渡ることが出来ません。

 

 

別名「御神橋(ごしんきょう)」とも呼ばれるこの橋は、眺めているだけで

神様のパワーを授かることができるパワースポットとして知られています。

 

 

神々しいパワーを感じるとの声が多いスポットですので、ぜひその神聖なパワーを感じ取ってみてください。

 

 

そして参道を抜け、拝殿へと向かうのですが、冒頭でご紹介したように弥彦神社では拝殿への参拝前に、

摂社、末社へ参拝することでよりパワーを強く授かることが出来ますので、そちらをご紹介しようと思います。

 

 

境内の8つの摂社、末社へ参拝してより強くパワーを授かろう!

摂社、末社

出典:http://blog.livedoor.jp/nsr37389-tabinotocyu/

 

 

弥彦神社境内の二の鳥居をくぐって参道を進んでいくと、右手に8つの摂社と末社が見えてきます。

(摂社とは神社のご祭神の子孫など関係の深い神様を祀った神社で、末社は、それ以外の神様を祀った神社です。)

 

 

こちらには、勝負事や試験に勝つパワーを授かるという「勝神社(すぐるじんじゃ)」や、

仕事運がアップするパワーを授かるという、出世の神様が祀られている「草薙神社」などがあります。

 

弥彦神社拝殿に行く前にしっかり参拝して、開運、勝ち運、出世運のパワーをたっぷり授かりましょう!

 

 

また、札所では摂社、末社それぞれのお守りも手に入れることができますので、

特に授かりたい御利益がある方は授与されるといいですよ♪

 

 

摂社と末社への参拝もすませましたら、最後に「再生と活力」のパワーを

授かるといわれるパワースポットを訪れることをお勧めします。

 

 

ご神木から活力のみなぎるパワーを授かろう!

 

弥彦神社のご神木は、樹齢1000年と言われる

椎の木(しいのき)で、場所は二の鳥居近くの手水舎の向かい側です。

 

このご神木は、ご祭神であるアマノカゴヤマノミコトが、はるか昔に杖を地面にさし、

「この地が私の住むべき場所であるならば芽を出し繁茂するであろう」と

唱えたところ、その言葉通りに大きく育ったものだと伝えられています。

 

 

また、このご神木は明治45年の大火災の後も、再び芽吹いて見事に復活を遂げたのだそうです。

まさにご神木、といった大樹ですよね。

 

このご神木からは「再生」という、かなりエネルギーの質が強いパワーを授かることができます。

 

ご神木の前に立ち、目をつむってパワーを感じながら

たっぷりと深呼吸すれば活力のみなぎるようなパワーを授かるはずですよ♪

 

 

特に病後の方や、身体が弱っている方におすすめしたいパワースポットですので、

ぜひこの「再生の象徴」であるご神木からたっぷりパワーを授かってください。

 

 

弥彦神社へのアクセス情報

 

弥彦神社へのアクセス情報をまとめましたので下記よりご確認ください。

[住所]新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2 (無料駐車場あり/普通車345台ほか)
[電話]0256-94-2001
http://www.yahiko-powerspot.com/
[交通]

電車の場合…上越新幹線・燕三条駅よりJR弥彦線にて弥彦駅まで約20分、弥彦駅から歩いて15分です。

車の場合…北陸自動車道・三条燕ICより国道289号線経由で約30分です。
 

 

弥彦神社まとめ

 

明治45年の大火災のあとも、神様の渡る「玉の橋」は

焼け落ちることなく、ご神木は前述の通り見事再生しました。

 

さすが、弥彦山からのパワーの注がれる強力なパワースポット、弥彦神社ですよね。

 

万能の神様の祀られている拝殿では、仕事運だけでなく恋愛運にも効果があるそうです。

気になる方はぜひ良縁も願ってみてはいかがでしょうか♪

 

 

また、ご神木の近くにある宝物殿には、

志田の大太刀(しだのおおたち)と呼ばれる、

長さなんと2.2mもある日本一の大太刀が所蔵されています。

 

興味のある方は是非寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク


みんなの評価 
う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (2 投票, 評価平均値: 4.50
)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっと」お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ