塩竈神社(塩釜)パワースポットの特徴やアクセス、駐車場のまとめIn宮城情報

 

今回ご紹介する鹽竈神社(しおがま じんじゃ)は宮城県塩竈市に鎮座する神社です。

旧字体の「鹽」を、「塩」と書いて紹介されることも多いですが、「塩竈神社」と同じ神社です。

 

ここにしかない特徴があり、由緒ある神社ですので

近くに足を運ばれる機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

塩竈神社パワースポット

塩竈神社
 

 

こちらの神社は、古くから東北を守る陸奥国(むつのくに)の一の宮として、

朝廷を始めとする庶民から篤い崇敬を集めてきた神社です。

(一の宮とは、その地域における最も社格の高いとされる神社のことです。)

 

その創建は1200年以上前と伝わっていまして、

全国にある塩竈神社の総本社という、とても由緒正しい神社です。

 

 

 

東北一の大都市である仙台に近い港町として栄えてきたこの塩釜市で、

商売繁盛、大漁祈願、航海の安全にご利益のある神社として

信仰を集め、「しおがまさま」と呼ばれ、とても親しまれてきました。

 

お正月の初詣には地元の塩釜からだけではなく近隣の都市からも集まり、

なんと45万人を超える多くの参拝客が訪れる、とても人気のある神社なんです。

 

 

塩釜神社はその名の通り、主祭神として「塩の神様」である

塩土老翁神(シオツチオジノカミ)をお祀りしています。

 

人々に塩づくりの製法を伝えたと言われている神様ですね。

 

 

この神さまは、単に塩だけではなく、海路における良い潮路を司るというご神徳も持っています。

 

ですので、海、塩の浄化のパワーを授かれるのはもちろんのこと、

漁業、水産に関わる仕事をされている方にはぜひおすすめしたいパワースポットです。

 

 

塩釜神社参拝者へのご利益は、海上安全・大漁満足・武運長久・国家安泰・安産守護・

延命長寿、交通安全、必勝成功と、たくさんあるようで、様々なお願いごとを聞いてくださる神社です。

 

 

そんな塩釜神社にはたくさんの見どころがあり、

パワースポットとしてだけでなく、観光名所としても人気のスポットとなっています。

 

 

塩竈神社:他の神社にはない「献魚台」とは?

塩竈神社

出典:http://4travel.jp/travelogue/

 

見どころの一つに、境内には他の神社では見ることのない、「献魚台」と呼ばれる台があります。

 

普通に見るとただの台なのですが、漁師たちはこちらで

神様に新鮮な魚を奉納して、航海安全を祈り、漁へと出て行くのです。

 

奉納されるのは漁で最初に捕れた魚で、時にはマグロなどの大物が奉納されることもあるようです。

 

 

漁業で栄えてきた塩釜市の神社ならではの設備ですよね。

タイミングがあえば献魚台にのったマグロ等を見ることができるかもしれません。

 

また、日本近海で獲れるマグロ船団の基地である塩釜港は、

日本有数の生マグロの水揚げ量を誇っていて、これも塩釜神社の神様、

シオツチオジ信仰の力なのかもしれませんよね♪

 

 

では、そんなパワーを持った塩釜神社では、どのようにしてパワーを授かったら良いのでしょうか?

 

 

「男坂」でみなぎるようなパワーを授かろう!

10
 

 

まず、塩釜神社は、浄化作用のとても強い場所です。

 

今までの自分の中に溜まった悪運を、浄化して全て流してくれて、

さらに運気を向上し、新しいチャンスを与えてくれるというご利益を授かれる場所と言われています。

 

しかしここで、注意しなければならないのは、

パワーをさらに授かりたいのであれば「表参道から入ること」です。

 

 

「男坂」と呼ばれる表参道は、もっともパワーが勢いよく

あふれている場所ですので、ぜひそこを登ってたっぷりパワーを吸収しましょう。

 

ですが、この男坂、その名の示す通り、かなり体力的にきつい造りとなっています。

 

 

202段の階段からできているので、

一見すると「これは昇れそうかな?」と思わせてくれるのですが、

見た目より傾斜がかなりきつく、足腰や体力に自信のある方におすすめします。

 

 

パワーを授かりたいと思って体を悪くしては元も子もありませんので、

自信のない方は神社駐車場の方から入って、随神門の前からこの階段を見下ろしてみてください。

 

石段の真上から下を眺めるだけでも、この石段のすごさを感じることができますよ。

 

 

もし、挑戦したいという方はなるべく足腰に負担の少ない服装で、

ゆっくり一歩ずつ、たっぷりパワーを受け止めながら登ってくださいね♪

 

登り切った後はきっと、その身体には活力の湧き出るようなパワーを授かっているはずです。

 

 

こちらの参道から力強いエネルギーを感じ取った後は、

続いて境内の神聖なパワースポットをご紹介しますので足を運ばれてください。

 

スポンサーリンク

神さまの通った道「七曲坂」で邪気を浄化しよう!

七曲坂
 

 

境内の中で最も神聖なエネルギーを発している場所をご紹介します。

 

まず、神社の東側、裏参道の近くに塩釜神社博物館があります

(この博物館には神社の宝物や、製塩・海洋関係の貴重資料が展示され、

さらに屋上に昇ることができるようになっています。

そこからの眺めがすばらしいので、時間のある方はぜひ行ってみてくださいね!)

 

 

その博物館の近くに、「七曲坂(ななまがりさか)」という看板があり、

この道こそが神聖な力を発するパワースポットだと言われているのです。

 

 

ここは、神社最古の参道で、文字通り曲がりくねった坂が続いています。

昔のままの未舗装なので、辺りは暗く、所々岩肌が出ている場所もありますが、歩くことは可能です。

 

何百年も大昔の人々の歩行が、今、尚こうして

道として残っているかと思うとなんだか歴史の重みを感じますよね。

 

 

森の中に入り込むように歩いていくと、静かな中にも神聖なピリピリとするようなパワーを感じるはずです。

それもそのはず、この道は主祭神シオツチオジが通ってきた道とされている、とても神聖な道なのです。

 

道を曲がるごとに心身に溜まった邪気が浄化されていくそうですので、

ゆっくりとそのパワーを感じながら散策してみてください。

 

 

では最後に、主祭神だけでなく、他に祀られているご祭神の社をご紹介します。

 

 

「左宮と右宮」から何事にも打ち勝つパワーを授かろう!

別宮
 

 

男坂(表参道)から鳥居をくぐり、まっすぐに歩んで行けば、

たいていの人は、正面の大きな拝殿へと進んでいくかと思います。

 

そこが主祭神シオツチオジの祀られている拝殿かと思われがちですが、実は違います。

 

 

では主祭神はどこにお祀りされているかというと、随身門を通り、

さらに唐門をくぐったらすぐ右側にある「別宮」にお祀りされています。

 

「別宮」とされていますが、これは「特別」といった意味で

使われていますので、間違えないように注意が必要ですよ。

 

 

では、唐門を通ってまっすぐ、正面の拝殿、

左宮と右宮にお祀りされているのはどういった神様なのでしょうか。

 

ご説明しますと、

左宮には武甕槌神(タケミカズチノカミ)、

右宮に経津主神(フツヌシノカミ)をお祀りしていて

タケミカズチと言えば日本神話最強の武神、勝利の神様です。

 

そして、フツヌシノカミは霊剣・布都御魂(ふつのみたま)を神格化した、

とても強い力を持つ刀剣の神様で、戦いに打ち勝つパワーを授けてくれると言われています。

 

どちらも戦いに関する強いご神徳を持つ神さまです。

 

 

この左宮と右宮からも強いパワーを感じるとの声が多いですので、ぜひ参拝してください。

別宮を参拝した後に、こちらを参拝するとより強くパワーを授かれるとの事です。

 

 

絶対に負けたくない勝負事が控えている時や、強い意志をもって

目的を達成したいという方にぜひおすすめのパワースポットですよ。

 

 

 

また、神様のご利益ももちろんですが、

塩竈神社が多くの人々から愛されているもう1つの理由が、「桜」です。

 

境内には天然記念物にも指定されている

「塩竈桜(しおがまざくら)」という特殊な桜が、54本植えられています。

 

花弁が40もあり、大輪の八重の花を咲かせるのが特徴です。

 

 

この見事な桜は、平安時代から品種として成立しているものだそうで

4月下旬頃になると満開の薄桃色をした桜が咲き誇り、

お花見スポットとしても有名ですので、パワースポット巡りと併せて見に来てはいかがでしょうか。

 

 

 

塩竈神社へのアクセス情報

 

こちらに塩竈神社へのアクセス情報などをまとめましたのでご確認ください。

[住所]宮城県塩竈市一森山1-1 (無料駐車場あり)
[電話] 022-367-1611
「ホームページ」 http://www.shiogamajinja.jp/
[交通]JR仙石線本塩釜駅から徒歩約15分
 

スポンサーリンク


みんなの評価 
う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっと」お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ