最上川の先にある仙人堂は仙人由来の縁結びパワースポット!IN山形情報

 

山形県最上郡戸沢村、最上川のほとりに

ひっそりと鎮座する「仙人堂(せんにんどう)」をご紹介します。

 

実はこの仙人堂ですが、正式な名称として「外川神社」との呼び名もあります。

 

 

スポンサーリンク

仙人堂=外川神社パワースポット

出典:http://guide.travel.co.jp/

 

 

先ほどもお伝えしたように仙人堂の正式名称は外川神社と言います。

 

 

これは、江戸時代末期の創建当初に

「外川仙人大権現」を祀るとして建立されたのですが明治2年の神仏分離令により、

社名を「外川神社」と改めなかればならなかった事がきっかけのようです。

(神仏分離とは、神道と仏教、神と仏、神社と寺院とをはっきりと区別させることです。)

 

 

それからもかつての名残りで

「外川仙人堂」と呼ばれていたのですが、

今では「仙人堂」の呼び名で定着したようですね。

 

 

創建当時から、子供に対する虫封じや航海の安全にご利益があるとして、

遠くから参拝に訪れる者があとをたたなかったそうです。

(虫封じ:病や、夜泣きや癇癪などを封ずるための祈禱)

 

 

お祀りされているご祭神は、

主祭神として、日本神話随一の英雄、

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祀り、

 

他に

月夜見命(ツクヨミノミコト)・・・月(夜)と海の神様

大山祇命(オオヤマツミノミコト)・・・すべての山の神様

稲倉魂命(ウカミタマノミコト)・・・お稲荷様として知られる穀物の神

 

の3柱がお祀りされています。

 

 

神様の力のおかげで、最上川の美しい自然が今のように在り続けているのでしょうか。

 

仙人堂にはそう思わずにはいられない

不思議な逸話がいくつか残されていますのでご紹介しますね。

 

 

仙人堂は、本当の仙人様が作ったお堂だった?

 

平安時代に、源義経の家来であった

常陸坊 海尊(ひたちぼう かいそん)という人物をご存知でしょうか。

 

仙人堂にはこの常陸坊海尊にまつわるいくつかの逸話が残されているのです。

 

 

まず、800年前に源義経一行が頼朝に追われ、

平泉中尊寺に行く途中、この地で体を休めたと伝えられていて、

その後、従者である常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)が建立したと伝えられる話や、

 

源義経一行が奥州へ向かう際、

この地を気に入った常陸坊海尊が源義経の許しを得てここに留まり、

その後、彼が仙人になったのを祀ったのが始まりだ、とか・・。

 

はたまた、常陸坊海尊が自らの厳しい山伏修行のためにこしらえたお堂であるとか・・・。

 

 

一体どれが真実なのでしょう・・・?

それとも、もしかするとどれも真実なのかも?

 

 

というのも、

生没年不詳とされる常陸坊 海尊には不老不死伝説があり、

古文書でも数百年代を渡ってその名前が出てきていて、

さらには諸国をまたいでたびたび名前が表れている不思議な人物なのです。

 

 

 

このように不思議が多く

400年ほど生きていたとも伝えられていて、

まさに仙人と呼ぶにふさわしい人物像が浮かび上がってきますね。

 

深く美しい自然の中に仙人様が残した

お堂がひっそりと残されてる・・・

そう考えるとなんともロマンがありますよね♪

 

 

さて、そんな、豊かな自然と神秘に包まれた仙人堂では、

どのようなご利益を授かることができるのでしょうか?

 

次からご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

仙人堂で縁結びと健康長寿のパワーを授かろう


 

 

仙人堂は、全国でも珍しい「渡し船で行く」パワースポットです。

そう、参拝するには最上川を渡らければなりません。

 

 

仙人堂へ行く船乗場「縁結びのり場」から船に乗り、

2~3分で仙人堂前に着きます。(料金は往復で大人500円です。)

 

 

川のほとりの、とても素朴で深い自然に囲まれた境内は現実を忘れるほどの別世界。

 

そしてすぐに、深い緑で彩られた樹木に囲まれ

ひっそり鎮座する「仙人堂」を見つけることができるでしょう。

 

 

自然に彩られ、そして虫の鳴く声がなんとも涼やかで、

その神秘性に訪れた者はしばし惹き込まれることと思います。

仙人様のお堂、というフレーズがなんともぴったりくるのではないでしょうか。

 

 

こちらは縁結びのご利益を強く授かるとして人気のパワースポットとなっているようですね。

 

 

また、縁結びだけでなく、

子宝や安産の祈願で訪ねる人も非常に多いそうで、

イタリアンシェフ・奥田政行さんが結婚式を挙げた場所としても知られています。

 

 

縁結びのパワーを求めて来られた方は、

ぜひ「縁結び切符」という恋のお守りを買いましょう!

これもご利益多し!と人気のアイテムのようですよ♪

 

 

 

また、先ほどご紹介したようにこちらは常陸坊海尊の逸話が多く残る地。

 

彼の不老不死伝説から、ここは「長寿の神社」とも呼ばれ、

そのご利益にあやかりたいという参拝客も多くいらっしゃるようです。

 

仙人様のお堂に向かい、ぜひ健康長寿、不老長寿のお祈りをしましょう。

 

 

さて、豊かな自然の中でパワーをたっぷり授かったあとは、

行列ができるという仙人堂の「わき水コーヒー」も大変人気のようですので、

パワーを定着させるためにもぜひいただいてはいかがでしょうか。

 

川のせせらぎと大自然を満喫しながらいただくコーヒーはきっと格別ですよ♪

 

 

仙人堂へのアクセス情報

 

 

仙人堂へのアクセス情報はこちらよりご確認ください。 

山形県最上郡戸沢村古口字外川 (駐車場あり)
[営業時間]9:00〜17:00
[アクセス]高屋駅から徒歩で2分。渡し舟から船で2~3分
渡し舟:http://mogamigawa.jp
 

 

以上、渡し船で行く珍しいパワースポット、最上川の「仙人堂」をご紹介しました。

 

 

仙人堂へ立ち寄りつつ、最上川の自然をもっと満喫したい!という方に

おすすめの「義経ロマン観光」という舟下り観光のための船も出ているようです!

 

パワーを充填しながら清らかな風を感じる舟下りはとっても楽しそうですよね。

お時間に余裕のある方はぜひ乗ってみてはいかがでしょうか♪

 

スポンサーリンク


みんなの評価 
う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっと」お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ