居多神社パワースポットは恋愛、子宝に恵まれる雑誌にも紹介された強力なお勧めスポット!?IN新潟情報

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

今回は新潟県上越市に鎮座する、

恋愛成就で有名な「居多神社(こたじんじゃ)」をご紹介します。

スポンサーリンク

居多神社について

引用:http://ameblo.jp/yorozu39/

 

 

越後国(新潟の旧国名)の一の宮は実は3社あり、

弥彦神社(やひこじんじゃ)、天津神社(あまつじんじゃ)、

そして今回ご紹介する居多神社(こたじんじゃ)の3社となります。

(一の宮とは、その地域における最も社格の高いとされる神社のことです。)

 

 

創建年代などは不明ですが、古文書に

「弘仁4年(813年)に「居多神」の神階が無位から従五位下に昇叙された」

と記されていますので、かなりの大昔から尊崇されていたのは確かなようですね。

 

ちなみに、意味としましては

「813年に居多神社の神様は、

従五位下という位に上がりましたよ」ということです。

 

 

また、一説によると居多神社は元々、神様の残した遺跡ではないか・・・とも言われているんです。

 

 

次でそう伝えられている由縁と、祀られているご祭神様からご紹介します。

 

 

居多神社に祀られている縁結びの神様とは?

 

まず、元々こちらが神様の残した遺跡ではないか・・と言われる由縁をご紹介します。

 

居多神社にお祀りされているご祭神は、

大国主命(オオクニヌシノミコト)と

奴奈川姫(ヌナカワヒメ)という神様です。

 

縁結び信仰の神様として有名なオオクニヌシですが、日本神話の中では様々な女神と恋をしています。

 

 

その女神の一人がヌナカワヒメなのですが、

オオクニヌシは東北の越国に絶世の美女がいると聞いて、

出雲(現在の島根)からはるばる、この姫様に会いに来ます。

 

なかなか顔を出してくれないヌナカワヒメに対して、

どうしても一目顔を見たいと願ったオオクニヌシが

ヌナカワヒメに和歌を詠ったりして、

またそれに対しヌナカワヒメも和歌で返したりして・・・

 

そして、ようやく二人は想いが通じ合い、深く愛し合ったと伝えられているのです。

 

実は、この時に二人が愛し合った場所というのが現在の居多神社のある場所だと言われているのです。

 

 

なんともロマンチックですし、縁結びのパワースポットとしてご利益があるのもわかりますよね。

 

本当にご利益があると、恋愛成就のパワースポットとして雑誌に掲載されたこともあるんですよ♪

 

 

参拝の際には、ご祭神から幸せのおすそ分けをいただくようにお願いするといいかもしれません。

きっと幸せな2柱の神様がパワーを授けてくれるはずです♪

 

 

続いて、居多神社で恋愛成就や良縁に恵まれた方におすすめのパワースポットをご紹介します。

 

スポンサーリンク

雁田神社(かりたじんじゃ)に参拝して子宝祈願をしよう

引用:http://shintata0319-10.blogspot.jp/

 

 

居多神社の境内、裏参道近くの鳥居の横に「雁田神社(かりたじんじゃ)」という神社が鎮座しています。

 

こちらではご祭神に、高皇産霊神(タカミムスビノカミ)と

神皇産霊神(カミムスビノカミ)という、子授けの神様がお祀りされています。

 

小さなお社なのですが、中をのぞくと男根石と女陰石が大事に祀られているのがわかりますよ。

 

 

こちらも本当にご利益があった!と

有名な子授けのパワースポットとなっていますので、

子宝に恵まれたい方はぜひ参拝すると良いでしょう。

 

また、子授けだけでなく、安産や性病治癒にもご利益が高いと言われていますので、

ご懐妊された後も、母子ともに健康な赤ちゃんが生まれるように、再び祈願に訪れても良いですね♪

 

 

さて、ここまで縁結びや恋愛成就、そして子授けと、

居多神社のパワースポットやご利益をご紹介しましたが、

実は、境内には「越後七不思議」と言われるものがあるんです。

 

最後にそちらをご紹介したいと思います。

 

越後七不思議の1つ、「片葉の葦(かたはのあし)」を見ておこう

 

居多神社の駐車場近くに、越後七不思議の1つである

「片葉の葦(かたはのあし)」というものが群生しています。

 

場所は、看板があるのでわかりやすいかと思います。

 

 

この片葉の葦とは、普通は両方に葉をつけるはずの葦が、

その名の通り、一方のみに葉が生えている葦のことです。

 

いったいどうしてこうなったのでしょうか・・・

 

 

この片葉の葦にまつわる逸話が残されています。

 

居多神社は、浄土真宗を説いたことで有名な

親鸞(しんらん)が日本に上陸し、最初に参拝した神社と言われています。

(境内には親鸞の銅像も鎮座しています。)

 

 

この親鸞聖人ですが、承元元年(1207年)に、

専修念仏が禁止されたときに越後国府への流罪となりました。

 

そうして居多ヶ浜に上陸した親鸞聖人は、まずここ居多神社へと足を運んだのですね。

そしてその際、次のような歌を詠んでいます。

 

「すえ遠く 法を守らせ居多の神 弥陀と衆生のあらんかぎりは」

 

 

早く赦免になるよう、そして念仏が盛んになるよう祈願したのです。

そして、それを神前に供えて祈願すると、たちまちに境内の葦の葉が片葉になったんだとか。

 

・・・そして今日まで片葉の葦はそのまま群生していて、越後七不思議の一つに数えられるようになりました。

 

 

なんとも不思議なお話ですが、実際に見ると本当に片葉となっていますので驚かれる方も多いようです。

ぜひ一度、越後七不思議を目の当たりにしてみてはいかがでしょう♪

 

 

居多神社パワースポットへのアクセス情報

 

居多神社パワースポットへのアクセス情報をまとめましたのでご確認ください。


[住所]新潟県上越市五智6-1-11 (無料駐車場あり)
[電話]025-543-4354

[営業時間]拝観自由
[アクセス]トキ鉄・妙高はねうまライン「直江津駅」よりバスで5分
 

 

以上、縁結びに恋愛成就、そして子授けのパワースポット

「居多神社(こたじんじゃ)」をご紹介しました。

 

はるか大昔、神様の愛し合った遺跡に今のような立派な社殿が建てられ、

そして今なお信仰され続けている・・・そう考えると本当にロマンチックで、

こちらに来れば恋の悩みはすべて解決してしまいそうですね。

 

今まさに恋愛のことで悩んでいる!という方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク


みんなの評価 
う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっと」お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ