秋田の唐松神社は安産祈願、子宝のパワーが凄く、1日に20組以上の夫婦が参拝するパワースポット!

 

 

いつもご覧頂きありがとうございます。

 

今回は秋田県大仙市に鎮座する、子宝祈願のパワースポットとして

有名な「唐松神社(からまつじんじゃ)」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

パワースポット唐松神社について

 

引用:http://trebor.cocolog-nifty.com/blog/cat48852612/

 

唐松神社は、くわしい創建年代は不明とされているのですが、

古事記の時代までさかのぼる伝書が残されているほどですので、

そうとうに古く、由緒正しい神社というのが伺えます。

 

現在では、子宝祈願に特にご利益があるとして、

全国から、1日に20組以上ものご夫婦が参拝に来られるそうですよ♪

 

 

また、唐松神社に仕える代々の宮司は、

「物部文書(もののべもんじょ)」という文献を一子相伝で継承しているそうです。

 

 

その中から一部、公開された内容によりますと・・・

 

饒速日尊(ニギハヤヒノミコト)という神様が、秋田県と山形県の

県境に位置する鳥海山(2,236m)に降臨し、その後場所を移し、唐松山を御神体とする

「天日宮(あまつひのみや)」という神社を創建したのが始まりであると書かれているそうです。

 

 

神様が直々に創建された神社となれば、そのご利益もそうとうな予感がしますが

では、降臨してきたというニギハヤヒとはどんな神様なのでしょうか?

 

 

ニギハヤヒとはどんな神様?もう一人の天孫降臨!

引用:http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/

 

唐松神社では、先ほどご紹介した

ニギハヤヒノミコトという神様が主祭神としてお祀りされています。

 

ご紹介する前に、少しだけ「天孫降臨」についてご説明しますね。

古事記に記された日本神話の中では、

日本列島で生まれた神々を「国つ神(くにつかみ)」、

そして高天原(たかまがはら)と呼ばれる、

いわゆる天界で暮らす神々を「天つ神(あまつかみ)」として分けられていました。

 

この天界の神様が日本列島に

降りてくることはほとんどなかったのですが、

日本が「国」として出来上がった頃になると、

天つ神は自分たちの中の誰かが直々に人々を治めよう、

という事になったんですね。

 

そこでニニギノミコトという神様が

その役目を果たすために

日本列島南部(現在の宮崎県)に降臨しました。

 

天界の神様はやはり特別な存在なので、

ニニギノミコトは無事に国中を治める事ができ、

現在の天皇家の始まりとなりました。

 

 

これが簡単な天孫降臨の説明になりますが、

実は、古事記には、天界から降りてきたのは

このニニギノミコトだけではなく、もう一人いたと記されているんです。

 

それが、こちらの唐松神社で祀られているニギハヤヒノミコトなんですね。

 

 

謎の多い神様ではあるのですが、

やはり天界の神様は特別な存在ですので、

特別な道具を持って降臨されています。

 

「十種の神宝」と呼ばれる秘宝なのですが、唐松神社にはそのうちの5つ、

「奥津鏡、辺津鏡、十握剣、生玉、足玉」が残されているそうです。

 

ただ、ぜひとも拝みたいところですが、これはちょっと難しいようですね。

 

 

ニギハヤヒは天界から降臨された、

もう一人の特別な神様だということだけ

わかっていただけたら大丈夫かと思います!

 

 

さて、そんな特別な神様がお祀りされている唐松神社では、

どのようなパワーを授かることが出来るのでしょうか。

 

スポンサーリンク

唐松神社は新しい物を生み出すパワーに満ちた場所!


 

 

唐松神社は、「火」と「水」のエネルギーが一体となり、

天界へ目指し立ち昇っていくようなパワーがあふれている場所と言われています。

 

この「水」と「火」という一見相反するこのパワーこそが、

新しいものを作りだすような気質を秘めているとのこと。

 

新しく何かを始めようと思っている方や、

また、子宝に恵まれたいと思っている方は

境内を散策してたっぷりパワーを授かりましょう!

 

 

また、実際来られてみるとわかるかと思いますが、

社殿などの配置もふつうの神社とは違う、独特の造りとなっています。

 

両脇を古木に挟まれた参道をしばらく歩くと、

「下りの」階段が見えてきますので降りていきましょう。

 

通常ならば社殿というのは上の方にあるものですが、

唐松神社はその逆で、階段を降りて行った先が唐松神社の社殿となります。

 

独特の空気やエネルギーを感じるとの声も多い

パワースポットですので、ぜひ感じ取ってみてくださいね♪

 

 

そして、めずらしいのは社殿だけではありません。

 

境内最大のパワースポットもまた、一風変わった造りとなっているんです。

 

 

「天日宮(あまつひのみや)」に参拝して子宝祈願をしよう


 

 

境内最大のパワースポットは、池の中にある、

円墳のような不思議な石組の上に鎮座する「天日宮(あまつひのみや)」です。

 

直径約20mの、きれいな真ん丸の池の中央に、

角の取れた丸い自然石が積まれ、その上にお社が建てられているんです。

 

その姿は何とも神々しく、まるで異世界に

迷い込んでしまったかのような錯覚に陥ることでしょう。

 

この天日宮こそが、冒頭でご紹介した「神様が作った」とされるお社です。

 

 

こちらは、境内の他の場所とは

比べ物にならないほどのエネルギーが立ち昇っているそうですよ。

まずは、その圧倒的と言われるほどのパワーをゆっくり堪能しましょう。

 

そして、天日宮の裏には「玉鉾石(たまぼこいし)」と言われる

卵型のつるつるした石があり、この石に触ると子宝に恵まれると言われています。

 

 

触り方もきちんと作法があるようですので、ご紹介します。



男性でしたら、天日宮を右回りに進んで玉鉾石に触り、

女性は左回りに進んで「抱石男石」に触ります。

 

それを3回繰り返すのが、ご利益を得られる正しい方法とされています。

 

 

天日宮は、触った後にすぐに懐妊できた!

とのクチコミが驚くほどに多いパワースポットです。

 

子宝になかなか恵まれない・・・とお悩みの方は、ぜひ一度参拝していただきたいですね♪

 

 

さらに、この場所は陰と陽の気がうまく調和しているそうで、

子授けのご利益だけでなく、人生に行き詰まりを感じていたり、

心身ともに疲れてきっている時などに行くと、癒しや、不思議な安心感、

そして新しく踏み出せる力を授かるそうですよ♪

 

唐松神社パワースポットへのアクセス

 

唐松神社へのアクセスをまとめましたのでご確認ください。


[住所]秋田県大仙市協和境字下台84 (無料駐車場あり/20台)
[電話]018-892-3002

[営業時間]通年 境内自由
[アクセス]羽後境駅出口から徒歩約14分
 

 

以上、天界の神様が作ったとされる神聖なパワースポット

「唐松神社(からまつじんじゃ)」をご紹介しました。

 

境内や、池の中には大小さまざまな石碑が

祀られているのですが、そのどれも神様が宿っているのだそうです。

 

できるだけ時間をかけて、ひとつひとつからパワーを感じ取ってみてください♪

唐松神社でしか味わえない不思議な世界を体験しに、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク


みんなの評価 
う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (3 投票, 評価平均値: 4.00
)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっと」お願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ