六波羅蜜寺パワースポットIn京都。おみくじが当たると評判!アクセス方法も紹介

 

今回は、六波羅蜜寺のパワースポットやウワサのおみくじについてのご紹介です。

 

教科書でもおなじみの“空也上人立像”で

有名な六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)は、見どころがたくさんありますよ

 

 

スポンサーリンク

六波羅蜜寺パワースポットIn京都

 


 

六波羅蜜寺とは京都市東山区の住宅街に、こじんまりと建つお寺です。

平安時代中期、醍醐天皇の第二皇子空也上人(くうやしょうにん)によって創建されました。

 

本尊は十一面観音像です。

 

 

空也上人とは当時、疫病が蔓延していた京都で十一面観音像を

車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、多くの民衆の命を救ってきたお方です。

 

ちなみに、この本尊十一面観音像は12年に一度、辰年に33日間だけ拝観できますが

縁結びの神様と呼ばれ、お参りすると恋愛が成就し、夫婦円満になると言われています

 

 

この六波羅蜜寺の「宝物館」には、その空也上人の像が置かれています。

それが、教科書でもおなじみの「空也上人立像」です。

 

これは、空也上人が「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えた瞬間に

その一音一音が阿弥陀仏になったという伝説が

彫刻化されたもので、口から6体の仏が並ぶ不思議な像です。

 

痩せた体から空也上人が民衆と共に生きたことを伝える

力強い作品で、慈悲深い人柄が伝わるすばらしいものです。

 

また「空也上人立像」の隣では、神妙な面持ちでお経を読む「平清盛像」があります。

(平安末期、この付近には六波羅殿と呼ばれた平家一門の屋敷がありました)

 

 

この像は太政大臣(律令官制の最高官)になると同時に

すでに仏門へ入っていた頃の清盛の姿で、気品を感じる作品です。

 

2012年の大河ドラマ「平清盛」で主演を務めた

松山ケンイチさんもこの像に会いにお寺を訪れたんだとか。

 

 

また、鎌倉幕府によって六波羅探題が置かれたのもこのあたりです

(朝廷の動きを監視する役職)

 

 

以上の事からも分かるように、六波羅蜜寺は

源平ゆかりのお寺としても観光客に人気のお寺なのです。

 

 

それでは、次に六波羅蜜寺のパワースポット情報をまとめていきます

 

六波羅蜜寺のパワースポット

 

祈りを込めてまわす「一願石」

 


出典:http://kyoto.cocot.jp/kyoto/local/rokudounotsuji.html

 

境内に入りすぐ右にあるのが「一願石」です。

 

六波羅蜜寺と書かれた石柱に回転する石がはめ込まれており

祈りを込めて、その石を手前に三回まわすと願いが叶うと言われています。

 

この円状の石にはいくつもの梵字が書かれているのですが

中に一字だけ金色で書かれた梵字があります。

 

そこを正面にして回してください。

 

「一願石」は名前の通り、お願いごとは一つだけですので

複数のお願い事はしないように気を付けましょう(^^♪

 

 

スポンサーリンク

光輝く弁財天

引用:http://small-life.com/archives/09/04/2819.php

 

南門の近くの護摩堂に祀られている弁財天は

高さ30㎝と小柄ですが、まばゆい金色の光を放つ女神です。

 

ご利益は、金運勝負運と言われています

 

また、弁財天が水を司る女神であったことから

水がすべての穢れを清めるよう、苦しみを洗い流してくれる力もあるようです。

 

ちなみに、こちらの弁財天は「都七福神めぐり」のおひとりでもあります

 

七福神は下記にいると言われています

➡恵比須神…恵比寿神社(京都市東山区)

➡大黒天…妙円寺(京都市左京区)

➡毘沙門天…東寺(京都市南区)

➡弁財天…六波羅蜜寺(京都市東山区)

➡福禄寿…赤山禅院(京都市左京区)

➡寿老神…行願寺(革堂)(京都市中京区)

➡布袋尊…万福寺(宇治市五ヶ庄)

 

 

ちなみに、これらの七福神めぐりをお正月にすると縁起がいいと言われています

 

 

六波羅蜜寺の弁財天では、お正月(1/1~1/3)「初穂」が

先着2000名に授与され、小梅と結び昆布を入れた大福茶を飲むことができます。

(もしくは皇服茶。空也上人が病人を救うために飲ませていた薬湯)

 


当たると評判の「開運推命おみくじ」

引用:http://bonne226.exblog.jp/12708686/

 

六波羅蜜寺の「開運推命おみくじ」は

よく当たると評判でとても人気のあるおみくじです。

 

四柱推命をもとに、生年月日と性別から一年間の運勢を占うおみくじです。

(その年の2月4日~翌年の2月3日まで)

 

1回300円で、すべて手書きで内容も充実しています。

読みづらい箇所についてはそのための解説書をもらえるので安心です。

 

 

開運推命おみくじをした方からは「よく当たる」

「力が湧いてくるような助言」「生き方の指針となった」など評判が良いです

 

普段はおみくじをされない方でも

「ここの開運推命おみくじはかかせない」と毎年訪れる方もいるんだとか。

 

 

また、郵送でも「開運推命おみくじ」を申し込めるようなので

気になる方は六波羅蜜寺のホームページをご覧ください。

 

 

パワースポット六波羅蜜寺へのアクセス方法

 

六波羅蜜寺には駐車場がありませんので、バスや電車のご利用をおすすめします。

 

☑京都市バスでのアクセス方法

京都駅206系統「清水道」下車 徒歩7分

 

☑京阪電車でのアクセス方法

「清水五条駅」下車 徒歩7分

 

☑阪急電車でのアクセス方法

「河原町駅」下車 徒歩15分

 

 

地図情報



 

 

パワースポット六波羅蜜寺のおすすめ周辺スポット

 

六波羅蜜寺に行く際に合わせて行きたいおすすめ周辺スポットについてのご紹介です。

 

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

“六道さん”で知られる六道珍皇寺です。

 

かつて、このあたりが葬場であったため

現世から他界(地獄)への入口“六道の辻”と考えられてきました。

 

六道とは、仏教の説く死後の世界のことで、生前の行いによって

「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上界」の六道のいずれかの世界へ赴くとされています。

 

つまりこの地が、あの世とこの世の分岐点とされてきました。

 

 

実はここの本堂の裏には、冥界へつながる二つの井戸があるのですが

小野篁(おののたかむら)という人物が、昼間は朝廷で役人としてつとめ

夜は冥界へ行き閻魔大王につかえ死者の裁判に立ち会っていたと言われています。

 

とても興味深いお寺ですよね。

ぜひ、足を運ばれてみてください(^^♪

 

 

以上、六波羅蜜寺パワースポットやアクセス方法のご紹介でした。

 

ちなみに、六波羅蜜寺には「宝物館」があります。

 

600円の拝観料がかかりますが、有名な「空也上人立像」や「平清盛像」をはじめ

様々なすばらしい仏像と出会うことができるのでお勧めですよ(^^♪

 

また、当たると評判の開運推命おみくじもお忘れなく。

 

 

また、京都には他にも様々なパワースポットが多く点在しています。

自分にあったパワースポットが必ず見つかりますよ(^^♪

 

こちらの記事では京都にあるパワースポットを沢山紹介しています

京都パワースポットのおすすめ10選!京都ランキング編(さらに追加中)



【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (4 投票, 評価平均値: 4.50
)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です