伊弉諾神宮パワースポットIn兵庫。ご利益とアクセス方法も紹介

 

観光スポットで有名な淡路島にある伊弉諾神宮は

日本の国を造った神様が祀られており荘厳で神々しい雰囲気に包まれた神社です。

 

今回は、伊弉諾神宮の由来やパワースポット情報についてご紹介しますのでぜひご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

伊弉諾神宮パワースポットIn兵庫とは


 

兵庫県淡路島市にある伊弉諾神宮は

“淡路国一の宮”として古くから崇敬されてきた由緒正しい神社です。

 

日本最古の歴史書である「古事記」の冒頭“国生みの神話”によると

男神・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)女神・伊弉冊尊(いざなみのみこと)

2神によって初めて造られた島がなんとこの“淡路島”なんだとか。

 

その後も次々に島が生み出されて行き、日本の国が造られたそうです。

 

ちなみに、“国生みの順番”というのがあるそうで

まず淡路島が生まれ、次に四国が生まれ

その次に隠岐島が生まれて行ったと言われています。

 

 

そして、伊弉諾神宮の起源を調べてみると

この日本神話と深く関わりがあることがわかりました。

 

と言うのも、国生みの仕事を終え

国の行く末を天照大神に託した伊弉諾尊が

隠居し余生を過ごしたというのがこの地なのです。

 

その後、住居の跡地に御陵が造られ

神社として整備され、現在の神社になったそうです

 

 

伊弉諾神宮には、伊弉諾大神と伊弉冊大神の2神が

祀られており本殿の下には、その伊弉諾尊の御陵があります。

 

この2人の神様は、三貴子と呼ばれる

天照大神(あまてらすおおみかみ)

月夜見尊(つくよみ)

素戔嗚尊(すさのお)

を誕生させたことでも知られています。

 

 

中心に存在する伊弉諾神宮

興味深いことに伊弉諾神宮は日本を代表する

神社を直線で結んだ中心に存在しており

どうやらそれらの神社と深い関わりがありそうです。

 

 

次の太陽の運行経路をご覧ください。

 

夏至…日の出の方角に諏訪大社。日没の方角に出雲大社。

春分秋分…日の出の方角に伊勢神宮(内宮)。日没の方角に対馬の海神神社。

夏至…日の出の方角に熊野那智大社。日没の方角に高千穂神社。

 

と、それぞれの由緒正しい神社が正確に

計算されたように伊弉諾神宮を中心に配置されていると言うのです。

 

ただの偶然だとは考えることのできない神秘的なパワーを感じますね。

 

その神々しいオーラが漂う伊弉諾神社は

パワースポットの力も強く訪れる方たちを魅了してやみません。

 

 

それでは、次にパワースポットのご利益をご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

伊弉諾神宮パワースポットIn兵庫のご利益

 

伊弉諾神宮では、人生に一区切りをつけて

何か新しいことをはじめたい方にぴったりのスポットです。

 

ここでは、今までの人生を振り返り

自分自身を見つめ直すことで

これからすべきことが発見できるといいます。

 

新しい道を切り拓くきっかけが見つかるかもしれませんね。

 

また、伊弉諾神宮は男女の関係で

深く傷ついた心を癒すパワーもあると言われています。

 

 

参拝は昼間に訪れるのがおすすめです。

 

季節は桃の花が咲く時期がベストなようで

ここでは、桃の花の実の形をしたお守りをいただくことができるそうです

 

参拝後は、晴れ渡るような気を感じながら境内のまわりを散策してください。

また、境内には伊勢の遥拝所もありますので、ぜひそちらの参拝もするといいそうですよ。

 

 

伊弉諾神宮のパワースポットエリア

伊弉諾尊が余生を過ごした場所というだけあって

境内はゆったりと落ち着いており気品すら漂っています。

 

ここへ訪れるだけでも癒し効果は抜群ですが

さらに境内にはパワースポットがありますのでご紹介します。

 

 

ご神木・夫婦大楠(めおとおおくす)

拝殿脇には、樹齢900年とも言われる夫婦大楠のご神木があります。

夫婦円満・良縁祈願のご利益があると言われ古くから人々に親しまれています。

 

この夫婦大楠には、伊弉諾大神と伊弉冊大神の2神が宿っていると信じられています。

 

よく見ると、2本のクスノキが合体して

途中からまた2本に分かれて伸びているのがわかります。

 

木に触れてみると、古木ながらも

温かで生き生きとした波動が伝わってくるそうです。

 

また、女性の方は左手で触れて

木から手を離さないように反時計まわりにまわるといいそうです。

 

ぜひ、試してみてくださいね

 

また、すぐ後ろにある岩楠神社のご参拝も忘れずにしてくださいね。

 

 

パワースポット伊弉諾神宮へのアクセス方法

 

伊弉諾神宮へのアクセスの仕方はこちらです

 

車でのアクセスの場合は

神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮インターより5分

※駐車場は無料です。正面の右裏手にあります。

 

 

船でのアクセスの場合は

高速艇 淡路ジェノバライン 明石港→13分→岩屋港へ

 

路線バスでのアクセスの場合は

淡路交通

津名一宮IC→(所要時間19分)→「伊弉諾神宮前」下車

津名港ターミナル→(所要時間6分)→「伊弉諾神宮前」下車

淡路市郡家→(所要時間4分)→「伊弉諾神宮前」下車

 

 

一度、地図情報で行き方を調べてみてください



 

 

伊弉諾神宮おすすめ周辺スポット

 

伊弉諾神宮へ行く際に合わせて行きたいおすすめの周辺スポットについてのご紹介です。

 

おのころ島神社

おのころ島神社は、日本発祥の地です。

 

古事記・日本書紀」の国生みの神話によると

=============================

イザナギ・イザナミの2神が、天の浮橋の上に立って

天の沼矛(ぬぼこ)で青海原をかきまわし

 

その矛先からしたたり落ちた雫が

凝り固まってできたのが“おろころ島”で

 

2神はこの島に降り立ち淡路島を

はじめ日本の国土を生んだ

=============================

 

とされています。

 

ここにも伊弉諾神宮と同じく2神が祀られていますよ。

 

見どころは日本三大鳥居の1つと言われる

圧倒的な存在感を示す朱色の大鳥居です。

(高さ21.7m、昭和52年3月に建てられました)

 

また、最近ではタレントの辺見えみりさんが自身のブログで

縁結びのお守りを買うためにおのころ島神社へ行った

という事を紹介したため、縁結びの神社としても注目を浴びています。



 

 

まとめ

伊弉諾神宮は、日本発祥の地にふさわしい風格と

神聖なエネルギーが溢れるスポットです。

 

ぜひ訪れてそのパワーを肌で感じてみるのはいかがでしょうか。

 



【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (13 投票, 評価平均値: 4.08
)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です