シルミチュー霊場パワースポットIn沖縄情報とアクセスについて

スポンサーリンク

 

コチラはシルミチュー霊場パワースポットについてまとめています。

 

シルミチュー霊場パワースポットIn沖縄情報!

pl-201315605779
 

シルミチューとは沖縄の神様の呼び名で、沖縄県うるま市にある

浜比嘉島(はまひがじま)は「神々が住む島」と呼ばれています。

 

浜比嘉島は‘琉球開闢(りゅうきゅうかいびゃく)’という神話のスポットが点在している島です。

 

琉球がまだ島ではなかったころ天の神の話を聞きアマミキヨとシネリキヨの兄弟が

地上に降り立ち立派な島を作ったのが琉球の始まりとの言い伝えがあり

 

そして島に降り立った「アマミチュー(男神)」「シルミチュー(女神)」の男女2人の神様が

島に住み子供をもうけたのが琉球の始まり、琉球の人々のはじまり、との言い伝えがあります。

 

 

スポンサーリンク

シルミチュー霊場パワースポットは子宝

 

沖縄県うるま市にある浜比嘉島(はまひがじま)南部にはアマミチューと

シルミチューが住んでいたと伝わる大きな洞窟があり、霊場として島民に守られています。

 

今でも毎年、年頭拝み(ニントゥタウン)の際に‘ノロ(祝女)’が

浜から小石を一つ拾い洞窟内の壷に入れ拝んでいます。

 

また、島の方々も参加し、豊穣・無病息災・子孫繁栄を祈願されています。

 

 

そしてシルミチュー霊場は、ここでアマミチューとシルミチューの

最初の子供が産まれたと伝えられていることから子宝のパワースポットとして

多くの方が訪れ、実際、参拝された後に子宝に恵また方もいらっしゃるとの事です。

 

 

霊場は、鳥居をくぐり100段余りの階段をのぼった先にある洞窟(鍾乳洞)で

亜熱帯植物に囲まれ、本州とは違う沖縄の自然を楽しみながら参拝することができます。

 

この洞窟は圧倒的な迫力があり洞窟の前に立つだけで強いパワーを感じられます。

 

※洞窟の鉄柵で塞がれ鍵が掛かっていますが希望される方には

 鍵を貸してくださいますのでご自身で鍵を開け中でお参りすることが出来ます。

 ご希望の方は事前に確認してみてください。

 

 

アマミチューとシルミチューは3人の男の子、2人の女の子を

もうけたと伝えられ洞窟の中には女性を象徴した鍾乳石があります。

 

神聖な場所を汚すことの無いようにマナーを守り

静かに、またしっかりと祈願し子宝パワーを授かりましょう。

 

 


近くの小島にアマミチューの墓

pl-201317550145
 

 

浜比嘉島(はまひがじま)に着くとすぐに行ける小島に「アマミチューの墓」があります。

 

綺麗に造られた石畳の先に不思議な形の岩があるのですぐにわかります。

広い海をバックに立つ佇まいを見ていると、異次元の世界に入り込んだ感覚になります。

 

コチラのスポットも訪れてみたいパワースポットですね。

 

 

シルミチュー霊場パワースポットアクセス情報

 

沖縄北ICからだと車でおよそ50分程かかります。

駐車場はないようですが周辺に有料でスペースを貸してくれる場所もあるようです。

 

住所:沖縄県うるま市勝連比嘉


 

 

以上、シルミチュー霊場パワースポットIn沖縄情報でした。

 

 

‘沖縄時間’と言われるゆったりとした時間が流れ

広い海と広い空が広がり、亜熱帯の大自然の浜比嘉島。

 

島全体からパワーが溢れ、その中にある

シルミチュー霊場はまさしくパワースポットと呼ぶにふさわしい霊場です。

 

沖縄に訪れた際には観光だけでなくシルミチュー霊場にも

足を運び神聖な空間に身を置いてみてはいかがでしょう。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー


【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (1 投票, 評価平均値: 5.00
)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です