笠森観音パワースポットIn千葉情報と黒招き猫や子授けについて

 

千葉県のパワースポット「笠森観音」は子授けの御利益が有名ですが

 

・どのように子授けに効果があるパワースポットなのか
・そして黒招き猫にはどのようなパワーを授けてもらえるのか

 

についてまとめているのでご覧になってみてください。

 

 

スポンサーリンク

笠森観音パワースポットIn千葉県

a0731_000214_m 観音堂は延歴3年(784年)伝教大師最澄上人が楠の霊木で

十一面観音菩薩を刻み山上に安置し開基されたと伝えられています。

 

長元元年(1028年)に後一条天皇の勅願により建立され

61本の柱で支えられている日本唯一の「四方懸造り」は

昭和25年(1950年)に国の重要文化財に指定されました。

 

そして、笠森寺は「坂東三十三観音札所」の第31番札所として、古来より巡礼の霊場となっています。

 

 

また、笠森寺周辺の森林、観音山は国指定天然記念物「笠森自然林」として保護されており

岩の上に建てられた観音堂で、回廊から見渡す展望は雄大な房総の山並みを感じることが出来ます。

 

「祈りと香りの寺」として、堂内はお香の香り境内は花の香り

参道は森の香りを大切にしているそうで訪れた際には心も体も癒されることが出来ます。

 

このように自然を堪能しながら、

深いパワーをじっくり感じることが出来る

笠森観音はどのようなパワースポットがあるでしょうか。

 

スポンサーリンク

笠森観音パワースポットの黒招き猫や子授け

笠森観音の参道には、霊木の「子授楠」があります。

 

子授楠は根の付近に人が通れるほどの自然にできた穴が空いていて

梯子がかかっているので、男性からくぐり、次に女性がくぐると子授けの御利益があるといわれています。

 

 

また、その子授楠の手前に「三本杉」があるのですが

この3本の幹の下を見ると根が繋がっていて、大変珍しい杉です。

 

笠森観音の訪れて三本杉を初めて見るという方も多いのではないでしょうか。

これも子授けの御利益がある笠森観音だからこそ自然と出来たものでしょうね。

 

 

また、参道からも子授けのパワーを頂けるそうですが

笠森観音は、「牛・丑」年のときに御開帳されるそうです。

 

その際には、観音堂に安置されている「十一面観世音菩薩」と繋がることが出来るそうです。

 

回向柱から「善の綱」が結ばれ、仏様の右手まで繋がっており

回向柱や善の鋼に触れたりすることは、仏様の功徳があるそうです。

 

 

また、六角堂には「子育て地蔵尊」も安置されていて、その正面には

子供を3人連れたお地蔵様がいらっしゃるのでお礼参りのあとにぜひ、ご覧ください。

 

 

笠森観音のもう一つのパワー!黒招き猫とは

石畳を上って、笠森寺の二天門をくぐった左手に側にある「縁起屋 古壺」。

こちらには知る人ぞ知る「開運 黒招き猫」が売られています。

 

こちらの「黒招き猫」はとても有名で黒招き猫目的で来られる方もいるぐらいです。

 

 

インターネットだけではなく、ラジオでもその効果が報告されてからというもの

全国各地から注文が多く寄せられているほどの人気ぶりなのですが

 

「ガンの告知をされた女性が克服して、妊娠することも出来た」

「宝くじが当たった」などの嬉しい報告が沢山届いているそうです。

 

 

またこちらの「黒招き猫」の顔を東か南

または東南に向けるとより効果的だそうで

願い事は一つ叶ったらまた一つ…というように1つずつ願うのがお勧めです。

 

ちなみに次第にパワーが弱まると言われていますので

叶えたい気持ちが強いものから願い事をかけた方がいいそうです。

 

笠森観音パワースポットIn千葉へのアクセスと駐車場情報

以上、笠森観音の歴史やパワースポットをご紹介しましたがいかがでしたか?

 

 

豊かな自然林の中にある笠森観音は、パワーを肌でも感じることが出来ます。

実際に、願いが叶ったと報告しに来られる方も多いので一度足を運んでみてはいかがでしょうか。



【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (11 投票, 評価平均値: 4.00
)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です