鹿島神宮パワースポット情報とアクセス、駐車場In茨城

 

コチラの記事では鹿島神宮パワースポットについてまとめています。

 

鹿島神宮パワースポット

pl-201358691656
 

 

鹿島神宮は、茨城県鹿嶋市宮中にある、東京ドーム約15個分という広大な境内をもつ神社です。

御祭神は武甕槌大神(タケミカズチノオオカミ)で、日本神話最強の武神、勝利の神様です。

 

鹿島神宮は、仕事運・人生運といった総合的な開運力のある

関東最強クラスのパワースポットとしてとても有名です。

 

その創建は、初代神武天皇が即位した紀元前660年。

 

つまり皇記と同じ年数ということになりますので

創建2,676年という日本の歴史とともに存在している関東最古の神社なのです。

 

 

また、全国に約600社ある鹿島神社の鹿島神社の総本社となっていまして

千葉県香取市の香取神宮、茨城県神栖市の息栖神社とともに東国三社の一社となっています。

 

このように大変由緒のある神社で

常陸国(茨城県の旧国名)における一の宮でもあり

この鹿島神社は別格の格式を持っている神社なのです。

(※一の宮とは、その地域における最も社格の高いとされる神社のことです。)

 

 

スポンサーリンク


 

 

強い意志をもって目的を達成したいという方に特におすすめのパワースポットですので

組織を束ねるリーダーや自営業者、また、人生において新しく何かを始めるときや

自分の道を強く突き進みたいと思っている方に、ぜひ参拝して頂きたい神社です。

 

実際、武道家やスポーツ選手等も多く参拝されてるそうで

授与品の「勝ち守り」も御利益があるとして有名なものの一つです。

 

そんな格式高い鹿島神社の中でも、特に強い御利益を授かるといわれるパワースポットをご紹介します。

 

鹿島神宮「東の一ノ鳥居」で新たな門出へのパワーを授かろう

 

鹿島神社の「東の一ノ鳥居」(太平洋に面した明石浜にあります)は

神様が海から上がってくるときの始まりの場所と言われています。

 

富士山や皇居から見て「東の一ノ鳥居」は日本における

日の出が起きる場所にもなっているそうで、とても重要な位置となっています。

 

浜辺にぽつんと立つとても古い鳥居ですが、ここは東日本大震災のときも倒れなかったそうです。

 

神様の通る道の起点となっている場所だそうですので、やはり不思議な力に守られているのでしょうか。

 

 

そして、「鹿島立ち」という言葉もあるように、ここはまさに「旅立ちの地」であり

訪れるとその道を邪魔をされることのないという、とても強いパワーを授かると言われています。

 

 

新しい門出だったり

人生の転機に立ったときなどぜひ訪れて

日を拝みながら神聖なパワーを授かってくださいね。

 

そして、鹿島神社の入口とも言えるこの「東の一ノ鳥居」を拝んだら

次は境内のパワースポットを紹介していきますので、そちらも足を運んでみてください。

 

鹿島神宮パワースポット1 要石(かなめいし)

 

鹿島神宮境内で一番のパワースポットといえば、地震封じの「要石」(かなめいし)

木漏れ日のやわらかな奥参道をずっと歩いていくと、最奥にひっそりと鎮座しています。

 

 

この要石は、御祭神のタケミカズチノオオカミが地中に棲む

大ナマズに向かって打ち下ろした「石剣」だとも言われているそうです。

 

というのも、古来より地震というのは地中深くに棲みつく大ナマズが暴れて起こすものと考えられていました。

 

なので、この要石はその大ナマズの頭を凹の形で押さえつけているといわれています。

(ちなみに尾の方ををおさえつけているのは香取神社で、その形は凸型をしているそうです。)

 

 

また、この要石の大部分は地中に埋まっていて、私たちが見ることのできる部分は石全体のごくわずかです。

地中部分はとてつもなく大きく、決して掘り起こすことはできないそうです。

 

「鹿島宮社例伝記」によると、この要石は

大地の最も深い場所から生えている柱だと言われていて

この柱によって日本はつなぎとめられているとも言われています。

 

 

「水戸黄門」で有名な徳川光圀公も要石の正体を突き止めようと

7日7夜掘らせてみたが掘りきれなかったと伝えられているので、かなり深いのでしょうね。

 

 

そして、ここは心が研ぎ澄まされ、邪気を吸い取ってもらえる

また活力を授かることができると知られているパワースポットですので

人生における、新しい何かを始める前に訪れると良いそうですよ。

 

要石に邪気を吸い取ってもらったら、次は御神木から神聖なパワーを授かりに行きましょう。

 

 

スポンサーリンク

鹿島神宮パワースポット2 樹齢1,300年をこえる御神木

 

神聖な森と庭園のある鹿島神社ですが、こちらの御神木は

古木の多い境内の森の中で最も古く、最も大きい杉の木です。

 

御神木は本殿の裏手にあり、その大きさは約40メートル、樹齢は1,300年を超えているそうです。

 

この木のそばに立つと、気の引き締まるようなパワーや

静かに心がすまされるパワーを感じるとの声が多い場所ですので

ゆっくりと深呼吸して、御神木から放たれるパワーをじっくり感じとってみてください。

 

前向きに取り組める力を授かるはずです。

 

 

鹿島神宮パワースポット3 美しい御手洗池

 

鹿島神宮の中でも特に美しいパワースポット、御手洗池

とても綺麗な水が湧き出していて、昔はここで禊をしてからお参りをされたそうです。

 

御手洗池は鹿島神宮の中でも特に、癒し・浄化のパワーを感じる事ができる場所だそうです。

 

 

心が疲れてしまっている方や、悩み疲れている人に特におすすめしたいパワースポットです。

澄んだプールのような霊水の中では鯉が泳いでいて、見ているだけでも心が癒されていくでしょう。

 

また御手洗池は大人が入っても

子どもが入っても必ず水は胸のあたりになると

言われている、鹿島神社の不思議スポットでもあります。

(実際に試さない様に注意しましょう)

 

 

そして御手洗池の奥には、この神聖な霊水をくみ取る場所があります。

 

霊水は持ち帰ることができ

自分の家から容器を持ち込むこともできますし

茶屋でも空のペットボトルを購入することができます。

 

ぜひ、自然に囲まれ、神聖な池で心身ともに浄化されるパワーを感じ取ってみましょう。

 

 

鹿島神宮へのアクセス、駐車場情報


場所:〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2306−1
URL:kashimajingu.jp
バス: JRバス関東 高速バスで東京駅八重洲南口から「鹿島神宮」下車 (約2時間)
電車: JR鹿島神宮駅から徒歩約7分
駐車場:あり
 

 

この鹿島神宮は非常に豊かな自然に包まれており

境内の奥に進むとたくさんの鹿たちに会う事ができます。

 

神様が移動に利用したと言われる鹿を眺めるのも、趣深く楽しいですよ。

 

また、鹿島神宮は大変に歴史が古く、古来より多くの人々の願いを成就させてきました。

 

出世等、仕事の成功願望がある方や

新しく何かを始める方強い意思や明確な目標を持っている方

心身から邪気を吸い取ってもらいたい方はぜひ足を運ばれてみる事をおすすめします。

 

豊かな森の空気を楽しみながら、古来よりの力強いパワーを授かりましょう!

 

以上、鹿島神宮パワースポット情報とアクセス、駐車場In茨城のまとめでした。

 

 



【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (3 投票, 評価平均値: 5.00
)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です