喪中での神社参拝(お参り)が行けない理由といつまでダメなのかを徹底解説!どうしても行きたい場合はどうする?

神棚 喪 
スポンサーリンク

 

身内に不幸があり喪中となった場合、

一定期間は神社に参拝に行ってはいけないと

いわれているのをご存知でしょうか?

 

 

今回は喪中の神社参拝について

行ってはいけない理由やその期間など

様々なあなたの疑問点を解消できるようご紹介したいと思います。

 

 


喪中に神社参拝してはいけない期間や理由

喪中 神社
 

 

喪中とは亡くなった個人のことを偲び、

喪失感や悲しみといった感情を乗り越えて

通常通りの生活に戻る期間を指し、約1年間となります。

 

 

一回忌の法要後で一般的に喪が明けるといわれており、

この期間中は派手な生活をしないように心がけます。

 

 

喪中の神社参拝は良くないといわれているのは、

喪中の1年間の中でも忌中と呼ばれる期間になります。

 

 

では、忌中と期間とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

喪中の忌中期間は神社参拝を避ける

 

忌中とは故人を亡くして日が浅い遺族が、

悲しみのあまりに気力ななくなっている期間、

穢れがある期間といわれています。

 

 

ここでいう穢れとは汚いという意味ではなく、

『気枯れ』という言葉になり、

身内な亡くなったことで気力がなくなった状態を表します。

 

 

この気落ちした状態を周囲に移さないようにするためにも、

忌中期間はできるだけ外部と接触を断ち、

故人を弔うことに集中したほうが良いと考えられてきました。

 

 

神社参拝してはいけない理由

 

神社のある神道では死を穢れと考え、古くから忌み嫌ってきました。

 

 

穢れは気力がなくなり正常ではない状態であり、

そのような状態のときに神様がいらっしゃる神聖な場所に

正常でないものを持ち込んではいけないという考え方です。

 

 

また神様は非常に強い力も持っているため、

正常な状態に戻す期間が忌中ということです。

 

 

忌中期間は神社への参拝はもちろん、

結婚式といったおめでたい席への出席や初詣を控えるのが

マナーとされていますので心にとめておきましょう。

 

 

細かく決められている忌期間

 

忌中は一般的には50日とされていますはが、

生前の故人とのつながりによって期間が異なります。

 

 

・自分の父母、妻、夫、子供の場合は50日間

・祖父母、兄弟姉妹、孫の場合は30日間

・曾祖父母、叔父叔母、甥、姪、ひ孫の場合は10日間

 

と異なっているため参考にしてください。

 

 

 

ここで忌期間は50日ではなく49日ではないかと

疑問に思った方もいるかもしれません。

 

 

一般的に広く知られている49日は

仏教においての期間であり、

神社での忌期間は50日です。

 

 

間違えないようにしたいものですね。

 

スポンサーリンク

忌明けについて

神棚 喪 
 

 

忌中は故人を弔うことに集中する期間であるため、

結婚式を含めた祝い事な派手な行事の参加を控えるのが

望ましいと考えられています。

 

 

では忌明け後にはどのようなことを行えばよいのでしょうか?

 

 

忌明け後に行うこと

 

故人の供養のために葬儀時には仏壇の扉は閉め、

神棚がある場合はお札を貼り付け神棚封じをしています。

 

 

忌明け後はまず、今まで閉じていた仏壇や神棚に貼っていたお札をはがし、

少しずつもとの生活に戻すようにしていきます。

 

香典返しも忌明け後に行っていきます。

 

 

忌明け後に神社参拝にいく場合に気を付ける事

 

忌明け後、神社参拝は可能になります。

 

 

忌明け後に神社参拝に行く際は

『しばらく神社に参拝できずにご無礼をしました』

という気持ちで清め祓いを受け、参拝にいくのがマナーとされています。

 

 

また、喪中に鳥居をくぐってはいけないということを

聞いたことがある方もいるかもしれませんが、

これは忌明けするまでは神社参拝を控えたほうが良いという事をたとえていった言葉です。

 

 

そのため忌明け後に神社参拝する際は

鳥居をくぐる正式な参拝方法で問題ないので、

安心してくださいね。

 

 

 

また、忌中は厄払いや初詣も控えた方が良いとされていますが、

忌明け後であれば神社での厄払いが可能になります。

 

 

どうしても忌中期間に参拝や厄払いを受けたいという場合は、

神社ではなくお寺で厄払いをすると良いでしょう。

 

 

 

お寺では神社と逆の考えで

忌中や喪中に参拝をすることは

良いことだと考えられています。

 

 

これは神道と仏教の考えの違いで、仏教では死を穢れと考えていないためです。

 

 

そのため忌中期間にどうしても参拝したいという場合はお寺を選びましょう。

 

 

まとめ

 

さて、喪中の神社参拝についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

神社への参拝は忌中と呼ばれる50日間は控え、

再度参拝する際は清め祓いを受けて

鳥居から入っていくようにしましょう。

 

 

鳥居も中央は神様の通り道になるため、

左右どちらかの端を通るようにするのがポイントですよ。

 

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー


【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (1 投票, 評価平均値: 3.00
)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です