出雲大神宮パワースポットの凄すぎる効果とそのご利益とはIN京都府

出雲大神宮

 

京都府亀岡市に鎮座する、

日本最大の縁結びスポットとして有名な

出雲大神宮(いずもだいじんぐう)」をご紹介します。

 

 

出雲大神宮は1300年以上の歴史を持ち、

丹波国(たんばのくに:現在の京都府中央部と兵庫県東部)

における一の宮とされています。

 

(一の宮とは、その地域における

最も社格の高いとされる神社のことです。)

 

 

お祀りされているご祭神は

大国主命(オオクニヌシノミコト)

津姫命(ミホツヒメノミコト)

の2柱です。

 

 

オオクニヌシは、七福神の一人「だいこく様」としても

親しまれる福の神ですね。

 

 

ミホツヒメは、オオクニヌシのたくさんいる

奥様のうちの一人で、「国譲り」のときに

夫婦となった神様です。

 

 

オオクニヌシは縁結び信仰の神様として

日本中から信仰を集める神様ですが、

なぜ、そう呼ばれるようになったのでしょうか?

 

 

簡単にご説明します。

 

 

スポンサーリンク

オオクニヌシは、なぜ縁結びの神様??

オオクニヌシ

出典:http://photozou.jp/


 

 

オオクニヌシはなぜ縁結び信仰の神様と

呼ばれているのでしょうか・・。

 

 

それは、日本書紀に綴られる、日本神話からきています。

 

 

日本神話の中で、オオクニヌシは日本各地を

旅してまわりながら、日本という国を作り上げていきます

 

 

国を作り終えたオオクニヌシは、

しばらく日本の国を治めていたのですが、

高天原(たかまがはら:日本神話における天界)から

降りてきたニニギノミコトという神様へ、

日本国を譲り渡すことになります。

 

 

これが、「オオクニヌシの国譲り」で、

そのときに高天原からもらいうけた女神が、

ミホツヒメです。

 

 

こうして、皇室の祖先であるニニギが

日本国を治めることになり、

オオクニヌシは人々の目には見えない神々をまとめ、

国を守る事となりました。

 

 

それからオオクニヌシは、毎年10月になると

八百万(やおよろず)の神々を自分のところに集め

人と人との縁、神様同士の縁、

そして神様と人との縁についての

相談事を聞いていると言われています。

 

 

10月のことを旧暦で神無月(かんなづき)を呼ぶのは、

神々がオオクニヌシの元へと集うためなのですね。

 

 

逆に、オオクニヌシのいる

出雲国(いずものくに:現在の島根県)では

10月を神在月(かみありづき)と言いますね。

 

 

こうしてオオクニヌシは天界と日本国を繋ぎ、

そして、神々の縁、また人々の縁を司る

縁結びの神」としての信仰を集めることになったのです。

 

 

では、そんな縁結びの神様の祀られる「出雲大神宮」には、

どのようなパワースポットがあるのでしょうか?

 

 

 

本殿の前に「黒太夫社(くろだゆうしゃ)」へ参拝しよう

黒太夫社

出典:https://4travel.jp/


 

 

出雲大神宮では、縁結びはもちろんのこと、

長寿と金のパワーも授かると言われています。

 

 

まず、有名なパワースポットの一つに、

黒太夫社(くろだゆうしゃ)」があります。

 

 

出雲大神宮では「正しい参拝ルート」で参拝することも、

パワーを授かるために重要なこととなっていますので、

手水舎に行った後、本殿へ参拝する前に必ず、

この黒太夫社へと参拝しましょう。

 

 

場所は、一の鳥居をくぐりってから左へ進んで行き、

西の鳥居を抜けた先になります。

 

 

こちらには、当地の氏子や祖先神が祀られている

と伝えられています。

 

 

導きのパワーを授かると言われるパワースポットですので、

よく拝んでから本殿へ向かいましょう。

 

 

続いて、境内の重要なパワースポットをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

「しあわせなでうさぎ」を撫でて運気アップ

しあわせなでうさぎ

出典:https://deskgram.net/


 

 

因幡(いなば)のウサギ、というお話をご存知でしょうか。

 

 

こんなお話です。

 

 

サメをだまして日本の本土へ渡った白うさぎが、

だまされたとわかったサメに仕返しをされて

毛皮を剥がれ丸裸になってしまいます。

 

 

そこに通りかかったのは、

たオオクニヌシの兄弟神たち、八十神。

 

 

八十神は、絶世の美女と呼び名の高いヤガミヒメに

求婚する旅をしている途中でした。

 

 

八十神は丸裸のウサギを見て、

「身体を治すには、海の塩を浴び、山の上で、

強い風と日光にあたって寝るといい」と嘘をつきます。

 

 

それを信じたウサギは、さらなる痛みに泣いてしまいます。

 

 

そこに、八十神の荷物を運ばされ、

旅路が遅れているオオクニヌシが通りかかります。

 

 

ウサギの様子を見てかわいそうに思ったオオクニヌシは、

「今すぐ川へ行って、真水で体を洗いなさい。

 

 

そこにある蒲(がま)の穂の花粉を敷き、

その上に寝ころがれば、おまえのからだは元に戻るよ」

教えてあげます。

 

 

オオクニヌシのおかげですっかり身体が治ったウサギは

最後に、

「八十神はヤガミヒメと結婚することはできません。

荷物を背負っているあなたこそが、

ヒメと結婚できるでしょう」

と幸運の知らせを告げてくれるのです。

 

 

・・・これが神話に語られる因幡のウサギのお話です。

 

 

有名なので子供向け絵本などにもなっていますね。

 

 

出雲大神宮の境内、一の鳥居の前

この「しあわせなでうさぎ」の像があります。

 

 

なでればオオクニヌシの加護を得られ、

運気アップのパワーを授かるとされています。

 

 

幸運の知らせが舞い込んでくるよう、

たっぷり撫でてくださいね♪

 

 

続いて、境内の中でも、特に縁結びのパワーが

強いとされるパワースポットをご紹介します!

 

 

「夫婦岩」を拝んで縁結びのパワーを手に入れよう

夫婦岩

出典:http://www.imamiya.jp/


 

 

鳥居をくぐったすぐ右手側に、

ご神石「夫婦岩」が鎮座しています。

 

 

ここは、本殿と並んで縁結びのパワー

特に強いスポットとされています。

 

 

手を合わせよく拝んで、

結ばれたい相手との縁を願いましょう

 

 

さらにパワーを授かりたい方は、

社務所で「縁結び守り」を購入し、

お守りについている赤い紐を夫婦岩に結びながら

お祈りしましょう!

 

 

きっと良い縁が結ばれるはずです♪

 

 

最後に、長寿のご利益を授かるという

パワースポットをご紹介します。

 

 

 

「真名井(まない)の水」を飲んで健康長寿のパワーを手に入れよう

真名井の水

出典:https://www.youtube.com/


 

 

一の鳥居付近から右に、宝物庫方面へと続く参道があります。

 

 

少し歩くと左手に、「真名井(まない)の水

と呼ばれる、健康長寿のパワースポットがあります。

 

 

このご神水は、出雲大神宮のご神体となる山から

湧き出ているものだそうで、

その神聖なパワーもさることながら、

ミネラルもバランスよく含まれ、

健康にとても良い水質となっているようです。

 

 

ペットボトルを持ってきてお水をいただいて帰る方も

多いようですね。

 

 

出雲大神宮で授かる長寿のパワーの源とされる

ご神水ですので、ぜひいただいて

身体の中から健康になりましょう!

 

 

 

まとめ

 

 

縁結びで有名な「出雲大神宮(いずもだいじんぐう)」を

ご紹介しました。

 

 

出雲大神宮では、「三大ご神徳」と言って、

縁結び・長寿・金運の3つのパワーを授かることが出来る

と言われています。

 

 

特に縁結びに関しては、毎月第4日曜日に行われる

えんむすびまつり」というものがあります。

 

 

社務所で受付けをしているので、

参加したい方は参列希望を伝えましょう!

 

 

この日だけに購入できる特別な絵馬もあるので、

良縁を願う方はぜひとも手に入れてくださいね♪

 

出雲大神宮 パワースポットへのアクセス情報



 
[住所]京都府亀岡市千歳町千歳出雲無番地
[電話]0771-24-7799 (社務所)
[営業時間]9:00~18:00
[料金]参拝無料
[アクセス]

JR嵯峨野線亀岡駅からふるさとバスで15分(出雲神社前下車)

無料駐車場有
[ホームページ]出雲大神宮
 

 

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー


【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (まだ評価されていません)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です