神様に好かれる神棚のお札の置き方、飾り方、交換時期などを徹底解説!正しいやり方、作法とは?

神棚の作法

 

一般家庭で最近では見る機会が少なくなった神棚ですが、

正しいお札の置き方や飾り方をご存知でしょうか?

 

 

今回は神様に好かれる神棚のお札の置き方や飾り方、

交換時期についてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

そもそもの神棚やお札の意味とは

神棚
 

 

 

最近では神棚が祀られている家庭も少なくなってきましたが、

神棚とお札の意味について知っておきましょう。

 

 

 

神棚は家の中で神様を祀るための神聖な場所

 

神棚とは言葉通り、家の中で神様を祀るための神聖な場所を意味します。

 

 

この神棚には神社からいただいたお札を祀りますが

直接神様が宿っているというわけではなく、

お札を通して遠方から神様を拝むための大切な御社です。

 

 

 

一般家庭で神棚が祀られるようになったのは江戸時代初期からで、

お伊勢参りが当時流行していたことから

伊勢神宮のお札を祀るための神聖な場所として知られるようになりました。

 

 

 

自宅で神棚を設置することで神社まで

わざわざ足を運ぶことなく参拝ができるというメリットが魅力で、

日々神棚の神様に挨拶と感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 

 

 

お札は家を守ってくれるもの

 

お札は家に祀ることで家全体を守ってくれるという力があります。

 

 

お札に書いてある神社の文字にも神社のエネルギーが込められていますが、

お札を神棚に祀るときや購入した時の気持ちで

さらにお札の効果が強くなります。

 

 

そのため、よりお札の効果を高めたい場合は

できるだけ謙虚な気持ちや神様を信じる心で購入するのがポイントですよ。

 

 

ちなみに神社ではお守りも購入することができますが、

お守りとお札の違いは守る場所です。

 

 

お札が祀られた場所全体を守ってくれるのに対し、

お守りは身につけている人を守ります。

そのため、お守りはできるだけ身につけておくようにしましょう。

 

 

神棚へのお札の置き方や飾り方

 

神棚へお札を祀るには作法があるのをご存知でしょうか?

正しいやり方を理解して祀りたいものですね。

 

神棚へ祀るお札の種類は3種類

 

神棚へ祀るお札の種類は大きくわけて3種類です。

 

 

1. 神宮大麻

天照大神のお札
出典:http://blog.livedoor.jp/zakode/

 

 

『天照皇大神宮』と書かれた日本の総氏神である

伊勢神宮の天照大神のお札です。

 

伊勢神宮までわざわざ足を運ばなくとも、

どこの神社でも手に入れることができます。

 

 

分からない場合は神社参拝の際に社務所で、

神宮大麻はありますか?とたずねてみると確実です。

 

 

 

2. 氏神または崇敬神社

氏神 お札
 

 

自宅がある地域の守り神である神社、

または自分が崇高している神社のお札です。

 

 

自宅周辺に神社が複数ある場合は、

地域に長く住んでいる方に聞いてみるのも良いでしょう。

 

 

崇高神社の場合は戴きもの・

旅先で授かったお札も当てはまり、

複数祀ることができます。

 

 

 

3. 産土神

産土神社
 

 

自分が生まれた場所の近くにある神社のことで、

生まれてから死ぬまでの間、守ってくれるといわれています。

 

 

ちなみに自分が生まれた場所の神様なので

引っ越しをしても変わることはありません。

 

 

家族がいる場合は全員分のお札を祀るスペースがあるのであれば全員分を、

難しい場合は世帯主のお札を祀るようにしましょうね。

 

 

神棚へのお札の正しい飾り方

神棚 使い方
 

 

神棚へお札を飾るには作法があるので、

正しいやり方を覚えておきましょう。

 

 

神棚が三社造りの場合

三社造り
出典:http://oonominato.or.jp/

 

中央に神宮大麻、向かって右に産土神、

向かって左に氏神様または崇高神社のお札の順番です。

 

 

 

神棚が一社造りの場合

一社造り
 

 

神棚が一社造りの場合はお札を重ねて祀ります。

一番上は神宮大麻・産土神・氏神または崇高神社の順番です。

 

 

どの形式にしても神宮大麻のお札の場所に

他の神様のお札を置かないように注意しましょうね。

 

 

スポンサーリンク

お札以外に神棚に置いたほうが良いものは?

 

神棚に飾るのはお札だけでなく、このほかに神具とお供え物が必要です。

 

神具

 

神棚に最低限必要とされる神具は榊立て・水器・皿の3つです。

 

 

榊立て         

榊
 

 

神棚には花ではなく榊と呼ばれる木の枝を飾ります。

左右におくため1対用意しましょう。

 

 

水器      

水器
 

 

帽子のようなフタがついている丸い玉の形をした神具です。

水を入れてお供えをするもので、お供え時にはフタは外します。

 

 
皿      

お皿
 

 

お供え物のお米と塩を盛り付けるのに必要です。

白い小皿で2枚用意しておくと良いでしょう。

 

 

 

ちなみに榊は毎月1日・15日に新しいものと

交換するのが一般的といわれています。

 

 

枯れてきたらこまめに取り換え、

常に新鮮なものを飾るように心がけてくださいね。

 

 

神棚にお供え物をしたい場合

 

お供え物の基本は水・米・塩の3つで、

お正月や家族でめでたいことがあったときは

このほかにお酒や果物をお供えします。

 

 

また、お供え物の水は毎日交換し、新しいものをお供えしましょう。

 

 

そしてここで忘れてはいけない大切なポイント。

 

 

実はお供え物にも並べる順番があります。

 

基本的には左から水・米・塩の順番です。

お酒がある場合は左から水・酒・米・塩となります。

 

 

 

また、お供え物は毎朝お供えし、

夕方頃に下げて家族で

神様のおさがりをいただくという形になります。

 

 

神様への感謝の気持ちを込めてお供えするのがポイントです。

 

 

お札の交換時期や交換時・置くときの注意点は?

 

どんなにご利益があるといわれている神社のお札でも、

残念ながらその効力は永遠に続きません。

 

 

お札の効力を保つためにも、定期的に交換していくことが大切です。

 

 

お札の交換時期

 

お札の効果は1年ほどです。

 

そのため、一般的には新年を迎えるときに

お札を交換することが大半です。

 

 

年末に新しいお札をもらい、

新年になったら今までの

古いお札を神社にお返ししましょう。

 

 

また、新しいお札は12月に入ると用意され、

神宮大麻は伊勢神宮から全国の神社へ配布されます。

 

 

ですので早めに用意しようと

11月に神社にいっても

翌年のお札はありませんので注意しましょう。

 

 

お札を交換するときの注意点

 

お札の交換は具体的にいつまでといった期限は設けられていません。

 

しかし、正月飾り同様、年末ギリギリになって

新しいものと交換するのは縁起が良くないといわれています。

 

 

特に12月29日は『9=苦』となる九日飾りとして嫌われており、

31日もあわただしく飾り付けることから一夜飾りといわれ、

縁起が良くないとされています。

 

 

年末はあわただしい空気になるため、

それまでに落ち着いた気持ちで

お札を交換するように心がけましょう。

 

 

不要になったお札の処分方法

 

交換した古いお札は間違っても

燃えるゴミとして処分しないようにしましょう。

 

 

初詣にいった際、古札所という場所があるので

古いお札はそちらに納めるのが正しい処分方法です。

 

 

神社によっては境内で破魔矢やしめ縄を火を焚いて

燃やしているところもありますが、

そこにお札を一緒に炊き上げするのも良いでしょう。

 

 

お札を返納するときは

1年間守ってくれたことへの感謝を忘れずに、

丁寧に納めることが大切です。

 

 

いただいた場所と同じ場所に返さなくても大丈夫ですので、

年があけて落ち着いた気持ちで返納するようにしましょう。

 

 

 

絶対にしてはいけないこと

 

また、神棚には絶対にしてはいけないことがあります。

知らない方はしっかりと覚えておきましょう。

 

 

1.神棚を設置したものの放置している

 

神棚を設置したはいいものの、

毎日のお参りやお供え物が面倒と放置するのは避けましょう。

 

 

日々のお供え物やお参りが難しい場合は

自分にとって神棚を設置するには早すぎたのでしょう。

 

 

気持ちや生活は落ち着き、

再び神棚を祀りたいと思うときまで

取り下げたほうが無難といえます。

 

 

2.人の出入りが激しい場所に設置する

 

玄関やドアの上といった

人の行き来が激しい場所に神棚を設置しては、

神様が落ち着いて休むことができません。

 

 

また、2階建ての家で1階に神棚を設置する場合、

神棚の上には棚や物を置き人が通れないようにし

自分の足の下に神棚が来ないようにしましょう。

 

 

マンションで上の階に住人がいる場合はそれも難しいため、

『天』または『雲』と書いた紙を神棚の上に張っておきましょう。

 

 

3.神棚に埃がかぶっている

 

神聖な空間である神社は

常に掃除が行き届いているのは、

神様が清潔な空間を好むからです。

 

 

自宅に神棚を設置する場合も、

常に清潔な状態を保つよう心がけましょう。

 

 

特に埃はたまりやすいのでお供えもののたびに

軽く拭き掃除をするのがおすすめですよ。

 

 

まとめ

 

神様に好かれる神棚へのお札の置き方や

交換時期を中心にご紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

 

神棚に祀るお札には神様の神聖な力が宿っており、

神社と同じく家の中で最も神聖な場所です。

 

 

常に神様への感謝の気持ちを忘れずに

謙虚な気持ちでお参り・お供えしていくことを

忘れないようにしましょうね。

 

 

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー


【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (5 投票, 評価平均値: 4.40
)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です