お神酒とは( 御神酒)?意外と知らないその意味と正しい使い方を徹底解説!

お神酒

 

初詣に多くふるまわれるお神酒ですが、

その意味や正しい飲み方をご存知でしょうか?

 

 

今回はお神酒の意味や飲み方や処分方法についてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

お神酒とは?

お神酒
 

 

神道において神様にお供えするお酒をお神酒と呼び、

古くから神様に関する儀式を行うときに使われてきました。

 

 

お神酒は清めの意味を持つありがたいお酒なので、

ガブガブと大量に飲むのではなく

おちょこ半分くらいの量を頂くのが一般的です。

 

 

お神酒は主に日本酒が使われており、

祭礼の前に神前にお供えし終了後に皆でお神酒を頂きます

 

 

これはお供えすることで神聖な霊が宿ったお酒を

ありがたく頂戴するという意味があります。

 

 

感謝の気持ちを込めて、頂きましょうね。

 

 

お神酒を頂戴する意味

お神酒
 

 

祭礼の前にはお祓いを受けて、

清らかな身になって神事に参加します。

 

 

しかし、もともと人間は俗世で暮らしているため

そのままの清らかな状態では戻ることができません。

 

 

そこで、使われるのがお神酒。

 

 

神前にお供えされたお神酒には、

飲むことで清らかな『聖』の身から『俗』へと戻す効果がある

といわれています。

 

 

そのため神事とお神酒はセットになっているというわけですね。

 

 

ちなみにお神酒を飲んで酔うのは、日常から離れ神様との

交流を深めることができると言われているのだとか。

 

 

飲みすぎには十分注意しましょうね。

 

スポンサーリンク

神社でのお神酒の飲み方は?

お神酒
 

 

神社でのお神酒の正しい飲み方をご紹介します。

意外と知らない方も多いのでぜひ、覚えておきましょうね。

 

 

お神酒の正しい飲み方

  1. 礼手…巫女さんがお神酒を注ぎに前に来たら、『いただきます』という意味で手を1度だけ叩く。
  2. 杯を取りお神酒をうける…
  3. 上から親指を、残りの4本の指は下からそろえて杯を取り、お神酒を注いでもらう。注いでもらうときはむやみに杯を動かさないように。
  4. お神酒を拝戴…3口に分けて頂くのが一般的。
  5. 盃を指で拭く…口をつけた場所を指で拭く。
  6. 拭き方は左手は動かさずに右手の人差し指と中指を上から、親指を下から3本の指を使うのがポイント。
  7. 盃を置く
 

 

頂いたお神酒はできる限り残さずに、

最期まで飲むようにしましょう。

 

 

お酒が飲めない方や妊婦さんは口をつけるだけで

問題ありませんので、安心してくださいね。

 

 

参拝時に頂いたお神酒の意味や扱い方

参拝で頂いたお神酒は、自宅に帰ってありがたく頂戴しましょう

 

 

お酒が飲めないのであれば料理酒として使うのも良いでしょう。

 

 

お神酒を頂くことで『神様と一緒に食事をした

ということになります。ありがたく使わせていただきましょう。

 

 

神棚に上げてもよい?

神社から頂いたお神酒は神棚にあげても問題ありません

 

 

しかし、一度おさがりという形でもらったものを

再度神棚に上げるのはマナー違反という声もあります。

 

 

お神酒は賞味期限があるので、

あまりに時間が経つと飲めなくなってしまいます。

 

 

そのため帰ったときに神棚に上げ、その日のうちに

ありがたく頂戴するといった形がおすすめといえるでしょう。

 

 

余ったお神酒の処分方法は?

どうしても飲みきれずお神酒が余ってしまった…。

 

そんなときは感謝の気持ちを込めて、

庭があれば普段人が通らない場所に穴を掘りそこに入れましょう

 

 

家の周りにまきお清めにするのも良いでしょう。

空き瓶は地域の分別方法に従って、処分を。

 

 

一番は残さないのがベストなので、

賞味期限には十分注意してくださいね。

 

 

未成年はお神酒を飲めるの?

厳密にいえば、お神酒であっても

未成年が飲むのは違法になります。

 

 

しかし、民法に

任意規定と異なる習慣がある場合は、それに従うことができる

とあります。

 

 

つまり、七五三やお正月のお神酒にはこの民法が適用されるということ。

 

 

お神酒といえどもお酒ですから、

いくら民法にあるからといって未成年、

ましてや小さなお子さんにはそのまま飲ませずに

口を付けるだけか飲む真似をさせるくらいにしておきましょうね。

 

 

どうしても飲みたがった場合は、

沸かしてアルコール分を飛ばしてからにする

といった配慮を忘れないでくださいね。

 

 

 

まとめ

 

お神酒は古くから神様にまつわる儀式において

必要不可欠なものとされてきました。

 

 

神様に感謝の気持ちを忘れないためにも、

お神酒をいただくときには正しい作法を覚えておきたいものです。

 

 

また、参拝でいただいたお神酒は

なるべく早めにいただくようにしましょう。

 

 

神様への感謝の気持ちを忘れずにいただくのが、ポイントですよ。

 

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー


【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (まだ評価されていません)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です