知ってる?お守りの処分、返納の正しいやり方、やってはいけない危険な方法とは?

お守り

 

誰でも一つはお守りを持っていらっしゃいますよね。

 

お守りは交通安全、合格祈願縁結び安産祈願等人生の

さまざまなシーンでお守りは身近なアイテムとなっています。

 

 

そんなお守りが不要となった時や新しい物と

交換しようとしたとき、

どのように処分されていらっしゃいますか?

 

 

処分方法をあまり気に掛けず、

「家庭ごみ」として処分されている方もいらっしゃいますよね。

 

 

でも、お守りには正しい処分方法や返納方法があるのです。

 

 

今回はお守りの処分や返納方法について

また、やってはいけない方法についてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

お守りの種類によって返納方法が異なる⁉

お守り
 

 

お守りは神社を訪れ、

お金を出す事からほとんどの方が

【購入する】と思っていますよね。

 

 

でも、これは神社で購入するのではなく

正しくは【授かる】という事となります。

 

 

 

神様の力を与えられたお守りを神社からレンタルしている

という風に捉えると解り易いですよね。

 

 

その為、お守りは神社に返さなくてはいけない物なのです。

お金を払うのは言わばレンタル料ですね。

 

 

そんな神社から授かっているお守りの返納時期をお解りですか?

 

 

ほとんどの方が新年の初詣の時に設置されている箱に

入れるともいますが、返納する時期があるのです。

・安産祈願

出産が無事に終わった後

・合格祈願

合格した後

・縁結び

良縁と出会えた後

・病気平癒

病気が治った後

 

 

主に効果を発揮して欲しい事が、

無事に終わった後に返納すると良いと言われています。

 

 

ただ、お守りの中には「家内安全」「商売繁盛」といった

時期が定まっていない事を願うお守りもありますよね。

 

 

家内安全に終わりがあってはダメですし、

商売繁盛が終わってしまうと多くの方が困ってしまいます。

 

 

家内安全商売繁盛といった長い期間続いて欲しいと願う

お守りは1年毎に返納するとよいですね。

 

 

初詣で一年間お世話になったお守りを返納し、

新しいお守りを授かるとよいです。

 

 

お守りの返納方法や場所とは⁉

古札納所

出典:http://nekomaru.hateblo.jp/


 

 

お守りは一時的に授かっている状態となる為、

一定期間を過ぎたら返納しなければなりません。

 

 

でも、どこの返納したら良いのか分からない方も多いですよね。

 

 

神社には【古札納所】【古神符納所】などと

記載された納所が設置されており、古くなったり、

効果が切れたお守りやお札を収める所があります。

 

 

基本的には【購入した神社となりますが、

購入した場所が遠方となる事もありますよね。

 

 

その場合は、最寄の神社でも大丈夫ですが、

同じ神仏を祀っている神社へ納めるのが良策と言われています。

 

 

もし、違う神仏や系列であれば

神社の方に伺ってみると良いですね。

 

 

またこの時、お守りと同額程の金額を賽銭箱に入れる事で

「力を貸して頂いた」事への感謝ともなります。

 

 

また、諸事情によって神社を

訪れないなんて方もいらっしゃいますよね。

 

そんな時は【郵送】でも返納する事ができます

 

 

 

郵送する場合には、事前に郵送でお送りする事を伝える事や

お焚きあげ希望」と記載しておくとよいですね。

 

 

この時に、お焚きあげ料が必要となるのかも確認するとよいです。

 

スポンサーリンク

行ってはいけない危険な方法とは⁉

NG
 

 

お守りは神社に返納する方法が正しい行いとなっています。

しかし、間違えると大変な事に繋がる危険な方法をご紹介します。

 

神社とお寺を間違える

神社は勿論、お寺でもお守りを授かる事ができます。

 

 

しかし返納する時には

【神社で授かったお守りは神社】

【お寺で授かったお守りはお寺】

に返納する事が大切です。

 

 

お守りの裏には○○神宮や○○寺といった名前や名称が記載されています。

 

 

神社とお寺は全く異なるので、

お守りをしっかりと確認する事が重要となります。

 

 

家庭ごみで捨てる場合

お守りは神社に返納する事が望ましい方法となりますが、

自宅で家庭ごみとして処分する事もできます。

 

 

ただ、家庭ごみとして処分する際に

他のゴミ同様な扱いを行ってしまうと、

バチが当たる可能性があります。

 

 

そこで、家庭ごみとしてお守りを処分する方法をご紹介します。

1.和紙や白い半紙の上にお守りを置く

2.塩を左に一回、右に一回、最後に再び左に一つまみ掛ける

3.包んだら家庭ごみとして処分する

 

 

家庭ごみとして、処分する際には「御世話になりました」

という感謝の気持ちをしっかりと込める事が重要となります。

 

 

また、家庭ごみではなく、自宅で燃やすという方法でも、

家庭ごみと同じようにお守りを包む事が大切です。

 

 

ただ、燃やす場合は火事にならないように注意を払う事や、

プラスチック素材といった燃やしてはいけない素材なのかを確認する事が大切です。

 

 

他人に譲渡しない

「私にはもう必要ないからあげる」と

他人にお守りを譲渡してはいけません。

 

 

お守りに宿っている神様は

お守りを持っている方に対して、力を発揮してくれるのです。

 

 

そんなお守りを他人に譲渡してしまうと、バチが当たります

 

 

あとがき

 

お守りには神様が宿っています。

返納する時期はお守りによって異なる上、返納方法もあります。

 

 

処分する方法も数多くありますが、

間違った行いをしてしまうとバチが

当たってしまうので注意が必要ですよ。

 

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー


【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (まだ評価されていません)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です