泉涌寺パワースポットIn京都情報!アクセス方法や縁結びのご利益についても紹介

 

この記事では泉涌寺パワースポットIn京都情報の

アクセス方法や縁結びのご利益について書いています。

 

美人祈願と良縁のご利益があるお寺として有名な

泉涌寺は女性としては気になるパワースポットですよね。

 

今回は泉涌寺のパワースポット情報やご利益、

歴史やアクセス情報についてまとめてみましたのでぜひご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

泉涌寺パワースポットIn京都とは

 


 

東山三十六峰のひとつ

月輪山のふもとにある真言宗泉涌寺総本山の寺院で

皇室との関係が深いことから「御寺(みてら)」として親しまれています。

 

大門をくぐるとすぐに下り坂になりますが

見下ろす先に仏殿が見える光景はJR東海のCMなどで見たことがある方も多いことでしょう。

 

通常、お寺は坂や階段をのぼった先にありますから、とても珍しい景色と言えます。

 

なぜそうなっているかと言いますと

一般市民でもお寺の外から仏殿を拝むことができるようにしたためだそうです

 

 

実は700年以上の間、門を閉ざしてきた泉涌寺では

一般のお参りが許されるようになったのはわずか50年前からなのです。

 

それまでは、お寺の外からしか拝むことができませんでした。

 

泉涌寺へ一歩中に入ると空気ががらりとかわり、静寂な雰囲気につつまれ

時間の流れが止まったように感じるのはそういった背景があるからかもしれません。

 

 

泉涌寺の歴史は古く、天長年間(824年~834年)に弘法大使が

この地に法輪寺という草庵を結んだのが始まりとされています。

 

その後、一時は仙遊寺と改称されましたが、

健保6年(1216年)に月輪大師が宋の方式を取り入れて大伽藍を営み

寺の一角から清水が湧き出たことから泉涌寺という名前になりました。

 

この泉は今でも枯れることなく湧き出ています。

 

泉涌寺パワースポットIn京都 歴代天皇が眠る“陵墓”

 

泉涌寺が、皇室との関係が深いと言われるのはなぜなのでしょうか。

 

それは、泉涌寺の境内の奥に、歴代の天皇が眠るお墓

月輪陵(つきのわみさぎ)」「後の月輪陵」があるからです。

(※孝明天皇の陵墓は「後月輪東山陵」)

 

泉涌寺では鎌倉時代の四条天皇をはじめ

後水尾天皇から孝明天皇にいたるまで歴代天皇の葬儀を行っていました。

 

明治維新後の皇室の行事は仏式から神式へと変わり

「月輪陵」などは宮内庁の管轄になりましたが

歴代の天皇の位牌や尊像は、今でも泉涌寺に祀られています。

 

そのため、皇族の方々が京都へ来られる際は

歴代天皇の陵の参拝のために必ず泉涌寺へ立ち寄られるのです。

 

この「月輪陵」らの中へ一般の方が入ることはできませんが

歴代の天皇が眠るこのあたり一帯には、神々しく厳かな雰囲気が漂っています。

 

ここで不思議なエネルギーを感じる方もいるようです。

まさにパワースポットというべき場所ですね。

 

スポンサーリンク

泉涌寺のパワースポットIn京都情報

 

楊貴妃観音像

 


出典:http://hanagokoro.blog.eonet.jp/yro/2009/09/

 

大門を入ってすぐ、左手奥にある観音堂には8世紀中国の唐の時代に

皇帝玄宗が楊貴妃を偲び造らせたとの伝承がある楊貴妃の観音像が安置されています。

 

1255年(建長7年)中国に渡った湛海がその像を持ち帰り、その後700年のあいだ

秘仏とされてきましたが、1955年(昭和30年)から一般に公開されてきました。

 

絶世の美女と呼ばれる楊貴妃。

 

生まれながらによい香りがしたとの伝説の通り

楊貴妃観音は白檀の木で等身大に作られています。

 

お顔は、面長で目鼻立ちが美しく彫の深いとてもエキゾチックな顔立ち。

髭のようにみえるものがありますが、これは慈悲を説く口の動きを表しているそうです。

 

頭にはカラフルな色彩をした宝相華唐草透かし彫りの大きな宝冠かぶり、極楽浄土にしか

咲かないという宝相華を手に持ち、指の先までほっそりとしなやかな動きをしています。

 

美人祈願」で美しい観音様にあやかろうと女性にはもちろんのこと

化粧品業界や美容業界、芸能界など美に関わる人たちも訪れる人気のパワースポットなのです。

 

「芸能界では、結婚前に石田純一さんが訪れて祈願した後に

東尾理子さんと結婚するなどのエピソードがあります」

 

 

また、美人祈願だけでなく良縁

縁結び満願成就などのご利益もあると伝えられています。

 

泉涌寺パワースポットで人気のお守り

 


出典:http://omamorida.com/spot/05kinki/kyoto005.html

 

こちらでは参拝された方が必ず買うという美人祈願のお守りがあります。

楊貴妃観音像を中央に配したものなど種類は4つあります。

 

その中でも、財布やポーチのなかへ入れておくことのできる小さなお札タイプのものが人気です。

女性だけでなく男性が好きな女性のために買っていくことも多いそうですよ。

 

泉涌寺パワースポットIn京都へのアクセス方法

 

車でのアクセス

東京方面からのアクセスは首都高速道路で

東名高速道路から名神高速道路の高速京都ICを出て約20分

 

関西からのアクセスは山陽自動車道で

中国自動車道から名神高速道路の高速京都南ICを出て約15分

 

地図情報



※駐車場 自家用車30台分 無料

 

 

電車出のアクセス

JR・京阪電車「東福寺」下車 徒歩約15分

 

市バスでのアクセス

「泉涌寺道」下車 徒歩約10分

市バス202、207、208は循環バスです。

東向きに運行しているバスをご利用ください。

 

 

泉涌寺おすすめ周辺スポット

 

泉涌寺に行く際に合わせて行きたいおすすめ周辺スポットについてのご紹介です。

 

即城院

泉涌寺総門前の北側に位置する即成院です。

 

藤原頼道の子、橘俊綱が伏見山に営んでいた山荘に

阿弥陀如来ならびに二十五菩薩像を安置したことがはじまりです。

 

お堂の中には極楽浄土の世界が広がり

一体一体の仏像の表情が、とても素敵だとの口コミも見受けられました。

 

仏像好きにはたまらない場所です。

 

また、“那須与一のゆかりの寺”としても知られ、本堂裏には屋島の合戦で

平氏の軍船に掲げられた扇の的を射落としたとして有名な那須与一宗高のお墓があります。

 

それにあやかり、学業成就のパワースポットとして墓前には参拝者が

赤色の字で合格への思いを書いた扇を書いて祈願される方も多くいます。

 

 終わりに

泉涌寺のパワースポットについては以上になります。

いかがでしたでしょうか(^^♪

 

泉涌寺のパワースポットで美しくなることを願いつつ訪れるのも良いですね

 

 

また、京都には他にも様々なパワースポットが多く点在しています。

自分にあったパワースポットが必ず見つかりますよ(^^♪

 

こちらの記事では京都にあるパワースポットを沢山紹介しています

京都パワースポットのおすすめ10選!京都ランキング編(さらに追加中)

 

 



【この記事はいかがでしたか?】

う~ん。もう少し普通かないいね!最高です! (1 投票, 評価平均値: 2.00
)
Loading...

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です